NEW

米大統領候補ヒラリー・クリントンは失明の危機に!? ダイエット・コーラの飲み過ぎが原因か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

723852-2.jpg
ヒラリー・ローダム・クリントンは1947年10月26日生まれの68歳。Trevor Collens / Shutterstock.com

 今年、世界が注視するグローバル・イベントといえば、アメリカ大統領選挙だ。

 7月18日からの共和党全国大会ではドナルド・トランプが、7月25日からはじまったの民主党全国大会ではヒラリー・クリントンが、それぞれ代表候補の指名を受けた。今後の日程は、11月8日の一般有権者による投票、12月中旬の選挙人による投票と続き、来年1月上旬の第45代大統領と副大統領の正式決定、1月20日の大統領就任式という運びになる。

 バラク・オバマ大統領を引き継ぐのは、民主党のクリントンか?共和党のトランプか?

 指名を受けたクリントンは「大統領選では良心に従って投票しよう。未来と米国のために投票してほしい」と支持を呼び掛けている。一方、トランプは「民主党との最も重要な違いは、我々は米国を第一に据えることだ。8年ぶりに政権を奪還し、米国を再び安全に偉大にしよう」と訴えている。

 本誌ではシリーズ「次期アメリカ大統領の健康問題」と題して、「前編」「後編」の2回に分けて、次期アメリカ大統領の健康問題について考えてみたい。まずは民主党ヒラリー・クリントンから。

世界が懸念するヒラリー・クリントンの持病は何か?

  ヒラリー・ローダム・クリントン(68歳)は、1947年10月26日、衣料品会社を営む父ヒュー・ローダム、専業主婦の母ドロシーの長女としてイリノイ州シカゴ市に生まれる。弁護士、ニューヨーク州選出の上院議員を歴任。第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンと結婚後、1993年から2001年までの8年間、ファーストレディに君臨。2009年から2013年までは国務長官に就任し、オバマ政権を支えた。

 この10数年、クリントンの体調不調や発病リスクがマスコミで取り沙汰されている。クリントンの心身に何が起きているのか?クリントンを襲っている病徴と思われる最近のアクシデントを時系列に追ってみよう。