NEW

甲子園、公式曲のAKB起用に批判殺到で異常事態…使用ボイコットの系列局続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『熱闘甲子園』テーマソング発表会見の発言でファンから批判を浴びたNGT48・北原里英

 第98回全国高校野球選手権大会(2016 夏の甲子園)が、8月7日に開幕する。現在、出場枠をかけて地方予選が繰り広げられているが、テレビ番組『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)の公式応援ソングに選ばれたAKB48の新曲「光と影の日々」(8月31日発売)をめぐり、異例の事態が巻き起こっているという。

「『熱闘甲子園』は甲子園ファンにはお馴染みのドキュメンタリーで、球児たちの努力や思いを追う人気の番組。2012年にはGReeeeNの「pride」、14年には関ジャニ∞の「オモイダマ」などをテーマソングとして起用してきました。それが今年はAKBの曲になると発表された直後から、主にインターネット上などでは批判の声が殺到。AKBグループの総合プロデューサー・秋元康氏は『AKB48のコンセプトを説明するときに、何度も高校野球を例に使わせていただいた』と、両者が共通するようなコメントを寄せていたが、『イメージが違いすぎる』『甲子園を馬鹿にしているのか?』『一緒にしないで!』などの声が飛び交いました」(スポーツ紙記者)

 甲子園ファンが怒るのは無理もなく、AKBメンバーはこれまでにほとんど野球に興味がないような発言をしてきた。

「6月23日、AKBは『熱闘甲子園』の古田敦也キャスターと共に会見に出席しましたが、報道陣から『(今回の曲のフロントメンバーは)野球でいうと誰がどのポジション?』と質問された際、北原里英が『ちょっと地味なキャッチャーは私』とコメント。これには、元ヤクルトスワローズ捕手の古田キャスターが『キャッチャーを地味って言うな!』と反論しました。また、島崎遥香は15年5月放送の『淳・ぱるるの○○バイト!』(フジテレビ系)で、『野球(の汗)はベトッて感じ。臭そうなイメージ』などと発言し、野球ファンから嫌われた。こうしたこともあって、甲子園ファンが猛反発を抱くのはごく自然な流れでしょう」(同)

AKB曲の使用ボイコット


 そんななか、テレ朝系列の甲子園地方予選の番組で、「光と影の日々」を使わず他アーティストの楽曲を使用する支局が続出しているという。

「北は青森朝日放送、南は宮崎放送など、全国17支局は湘南乃風の「ライバル」(7月20日発売)を使用しています。通常、甲子園関連番組は『熱闘甲子園』のテーマソングを使用するのが慣例なのですが、局側にもAKBに抵抗感があるスタッフが多いらしく、まったく関係のない曲を使用している状況なんです」(テレビ局関係者)