NEW

嵐・二宮、脳機能障害か脳の老化の可能性浮上…撮影現場でも1人でゲームに夢中

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)
 先日、フリーアナウンサー・伊藤綾子との熱愛が報じられた二宮和也。いまだに双方から否定も肯定もないため、ファンにとってはやきもきする状況となっているが、渦中の二宮にもうひとつの“疑惑”が生じている。


 事の発端は、7月20日に放送された『ホンマでっか!?×嵐SP「ホンマでっか!?TVスペシャル」』(フジテレビ系)だ。二宮は、冒頭の「ホンマでっか!?人生相談」というコーナーで「自分に興味が持てません」「好きでもなければ嫌いでもなくて」と吐露した。

 取材などで「好きな食べ物は?」「好きな色は?」「マイブームは?」などと聞かれると「なんだろうな……」と考え込んでしまうという二宮。洋服について、同じく嵐の相葉雅紀から「今日も、真っ白いでろっでろのTシャツ。たぶん7~8年前から見てる」といわれると、「洋服も4~5年買ってない」と告白した。

 髪型についても「役をいただかないと切らない」という二宮に対し、再び相葉が「そういえば、風邪ひいたのを見たことない」といい、二宮は「おなかが痛くてもわからないかもしれない」という旨の発言をする場面もあった。

 そんな二宮について、脳科学評論家の澤口俊之氏が「もし、本当に自分に対して意識がなかったら『セルフネグレクト』という、れっきとした病」と説明。これは「生活を維持するために必要な意欲や能力が喪失して、健康や安全を損なう」というものだ。

 さらに、澤口氏は「(原因は)脳機能障害か、脳のダメージか」と発言しつつ、「そこまでいっているとは思えない」とフォロー。澤口氏によると、「自分に興味が持てない=やる気や楽しみ、好奇心が生まれない」ということにつながるようだ。

 また、統合医療評論家の亀井眞樹氏から「実際は、まわりに対して執着がない」と指摘された二宮は、唯一の“執着”としてゲームを挙げ、「昨日も相当やってました」と認めた。さらに二宮は「死に対しての恐怖心が少ない」ことが判明し、再び澤口氏から「老化してるんですね、脳が」「(脳の一部の)頭頂葉皮質が弱いと、自分への興味が湧かなくなる」と指摘された。芸能関係者が語る。

「飄々とした雰囲気が魅力の二宮ですが、その一見やる気のない空気感や無頓着な感じは、業界やファンの間では有名です。でも、指示や段取りはすべて頭に入っていて、急な変更にも完璧に対応できる。それが、スーパースターたるゆえんです。取材では、オフレコの話として『自我を出さないでスタッフや監督の言いなりになったほうが楽』『僕は言われた通りにしかしない』などと語っていたこともあります」