NEW

谷垣幹事長は身をもって「ポケGO事故」の危険性を国民に知らしめた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

bicycle0728.jpg
想像以上に怖い自転車事故(shutterstock.com)

 7月22日の配信以来「ポケモンGO」プレー中での自転車事故などが相次いでいる。警察庁によると、25日午前11時半までにポケモンGOがらみの事故は、取り締まり件数が71件、物損事故が32件、そして人身事故は4件となっている。

 自転車事故といえば、自民党幹事長の谷垣禎一幹事長(71)が事故を起こしたばかりだ。大物政治家である与党幹事長の怪我の報道はポケモンGO騒動の陰に隠れてしまった。コレでいいのかい?

 一部で谷垣幹事長はポケモンGOプレイ中だったとのデマもあったが、事故を起こしたのが配信前の7月16日午前。仮に谷垣幹事長がテスター実施に参加していたとしても(はずがない!)、6月30日に終了していたのだからもちろんポケモンGOがらみの事件ではない。

 ポケモンGOでの自転車事故に関する危険性は『ポケモンGOで「自己破産」!? チャリプレーヤーは自転車事故保険に加入すべし』で指摘しているが、アプリをプレイしていようが、していまいが、自転車がらみの事故は思わぬ大事故に繋がる。

 日本サイクリング協会の会長を務める谷垣氏は、自宅にはロードバイクを10台コレクションし、選挙の遊説の際も自転車を積極的に使用するという、政界きっての自転車マニアだ。

 休みができるとサイクリングにいそしんでいたようで、事故が起きた日も参院選が終わっての久々の休日。約5キロの皇居周回コースを高級ロードバイクで走行している途中、転倒して投げ出され、背中をアスファルトに強打した。谷垣氏は野党時代の自民党総裁だった2009年にも、多摩川沿いをサイクリングしている際に対向する自転車とぶつかり、右頬を数針縫う大怪我をしている。