NEW

セクシー悪女役は「暴走モード」終了の証明!中山美穂の突然の路線変更の背景とは?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1607nakayama01.jpg

 女優の中山美穂が、8月20日スタートのWOWOWの連続ドラマ「賢者の愛」で約2年ぶりに連ドラに主演し、悪女役を演じることが話題だ。

 作家・山田詠美氏の同名小説を初めて映像化した同作で、中山は25歳下の自分の初恋の男性と結婚した親友の息子の澤村直巳を20年の歳月をかけ、復讐の道具として自分好みの男に“調教”する主演の高中真由子役を演じる。

 すでに悪女らしい妖艶なメイクを施された中山が、胸元を布で覆い隠した妖艶な雰囲気を漂わせながら、澤村直巳役の竜星涼をひざ枕しているポスターも公開された。

 80年代に人気アイドルとしてブレイクした中山だが、「アイドル卒業後は、女優として長年にわたって、“大人のいい女”といった雰囲気を売りにしており、その路線でそれなりの需要がありました。作家でミュージシャンの辻仁成と結婚し、長男が誕生してからもその路線を変えることはありませんでした」とはテレビ誌編集者。

 実際、辻と結婚していた2010年には、西島秀俊と“大人の恋”に落ちる主演映画「サヨナライツカ」が公開され、12年には、当時自身が家族とともに暮らしていたフランス・パリを舞台に向井理演じるカメラマンと恋に落ちる主演映画「新しい靴を買わなくちゃ」が公開された。
 
 また、元夫の辻との離婚騒動の渦中にあった14年5月から7月にかけては、NHK BSプレミアムで主演ドラマ「プラトニック」が放送されたが、「いずれの作品も、役的には従来どおりのいわゆる“大人のいい女”路線を踏襲していた観がありますね」(同編集者)

 そんな中山のここに来ての路線変更とも言うべき“悪女役”挑戦の背景には、それなりの理由があるという。

 先にも軽く触れたように、中山は14年に元夫の辻と離婚騒動が勃発し、7月に離婚が成立するが、その際に音楽家のS氏との交際が一部で取り沙汰された。

「所属事務所はそれまでの中山さんのイメージもあって離婚には猛反対したが、当の中山さんは周囲の言葉にまったく耳を傾けず、制御不能の“暴走モード”に突入してしまった。その結果、離婚騒動以降は仕事も減り、露出を減らしていました。そうした中、危機感を募らせた中山さんが心機一転、大恩ある所属事務所と協議し、復活を期して臨むのが今回の“悪女役”と言われています」(スポーツ紙デスク)

 大幅路線変更の悪女役で新境地開拓を目指すミポリンが、今後もWAKU WAKUさせてくれそうだ。

(文=JAPAN芸能カルチャー研究所

関連記事
月9苦戦で桐谷美玲の隠れ巨乳が解禁!?

SMAP騒動再燃!このまま飼い殺し?

能年玲奈、復活のカギは「母親」の映画