NEW

謎のドラマ挿入歌の歌い手は時任三郎の娘だった! Cana(時任花夏)が歌手デビュー

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

1607_cina01.jpeg

 7月29日に『あなたと ずっと』でデビューを飾る新人シンガー・Cana(かな)。同曲はAmazonプライム・ビデオの日本オリジナルドラマ『はぴまり ~Happy Marriage!? ~ 』(ディーン・フジオカ主演)の挿入歌。長らく歌手名が明かされていなかったため、「誰が歌っているのか?」とSNS上で話題を呼んでいた。

 またCanaが、俳優・時任三郎の長女であることも大きなニュースとなっている。その彼女にデビューまでの経緯と、作詞にも関わった『あなたと ずっと』の内容についてインタビューを行った。

■海外生まれヒップホップ育ち…だけどデビュー曲はバラード!

――歌手デビューの以前から女優業もされていましたが、芸能界を目指すきっかけは何だったんでしょうか?

Cana 最初は高校生のときのスカウトですね。当時は「とりあえずやってみよう」くらいの感覚でしたが、ロサンゼルスの学校で演技の勉強を始めてから、女優を目指すようになりました。

――それが歌手デビューとなったのは?

Cana 帰国後に、現在の所属事務所の方から「歌もやってみようか?」と提案があったんです。私も音楽は大好きだったので、それから事務所の方と曲を作ったり、デモを録ったり、事務所のライブに出たりするようになり、それが今回のデビューにつながった形です。

――でもデビュー曲ながら、バラードに映える堂々たる歌声でとても驚きました! 先ほど事務所の方に話を伺ったら、Canaさんがカラオケで歌ったのを聞いて、「これは歌をやるべきだ」という話になったそうですね。

Cana そのカラオケのとき、実は動画まで撮られていたという話をさっき初めて聞きました(笑)。「バラードっぽいのを何か歌って」と頼まれて歌ったものだったんですよ。

――出身はニュージーランドなんですよね。時任三郎さんは子育てのために家族で海外移住していた時期がありましたが、そのときにお生まれになったと。

Cana そうですね。9歳まではカナダとニュージーランドで育ちました。子供の頃は朝にMTV(ポピュラー音楽のビデオクリップを流し続ける音楽専門チャンネル)を見るのが楽しみで、最初に好きになったのがThe Black Eyed Peasの『Where Is The Love?』(2003年)だったのを覚えています。

――小さな頃から音楽が好きだったんですね。

Cana 好きでしたね。ピアノやコントラバスをやっていた時期もありますし、他にもいろんな楽器をかじっています。でも、デビュー曲のようなバラードを歌ったことはなかったですし、好きで聞いてきた音楽も50CENTやEminemのようなラップばかりでした(笑)。

――それがバラードでデビューと(笑)。ただ、お父さんの時任三郎さんも歌手活動をされていますし、音楽を好きになったのはお父さんの影響もあるのでしょうか?

Cana 父は家でもギターを弾いて歌っていたので、今思えばそうかもしれないですね。でも日本に戻るまでは、父の仕事をあまり理解していなくて、ただ好きで歌っているだけの人だと思っていました(笑)。