NEW

米倉涼子、別居から1年以上、いまだに離婚できない「複雑な事情」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米倉涼子
 7月3日に放送されたテレビドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル』(テレビ朝日系)が平均視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を叩き出し大成功を収めた主演の女優、米倉涼子。大女優としての地位をより強くしたが、私生活では不安定な状況が続いている。


 米倉は2014年12月に一般男性と結婚するも、そのわずか3カ月後の15年3月に別居状態に入り、以降、現在に至るまで離婚協議中とみられる。週刊誌記者が語る。

「米倉は妊活のために仕事をセーブするため、結婚後しばらくの間は舞台や連続ドラマなどの本格的な仕事のスケジュールを入れていませんでした。しかし、現在は独身時代に住んでいたマンションに独りで住み完全に別居状態。さらにこの10月からは連ドラ『ドクターX』で主演を務めることがすでに発表されており本格的に仕事復帰。これで夫との復縁は100%なく、離婚は決定的といえます」

 そこで気になるのは、もし米倉当人の気持ちがそのように決まっているとすれば、なぜ別居から1年以上経過した今も正式な離婚に至っていないのかという点だ。その理由について、弁護士法人ALG&Associates弁護士の榎本啓祐氏に解説してもらった。

●調停と訴訟

1.なぜ、離婚には時間がかかるのか

 

 離婚に時間がかかる原因としては、以下のようなものが考えられます。

(1)離婚には争いの種が多い

 たとえば、金銭請求であれば、「100万円払え」という請求に対して、「わかった100万円払うよ」という同意があれば、その他の事項について大きい争いが生じることは少ないです。

 しかしながら、離婚の場合は離婚自体の合意があったとしても、慰謝料、財産分与、親権等について争いが生じることが多いです。離婚を請求された側が離婚自体には内心同意していたとしても「慰謝料〇円を支払わなければ離婚しない」などと主張することもあります。こういったことが原因で離婚の話し合いに時間がかかることがあります。