NEW

じつは小池百合子・新都知事も「子宮全摘」のサバイバー!「都議会のドン」にどう切り込む?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 公私混同疑惑による舛添要一氏の辞職に伴って実施された東京都知事選。7月31日に投開票され、元防衛相の小池百合子氏(64)が291万2912票を獲得して当選、初の女性都知事が誕生した。投票率は59.73%(前回46.14%)。

 都知事が3代続けて任期途中で辞職したため、この5年間で4回目となった今回の都知事選に史上最多の21人が立候補。小池氏は、自民党の支援を受けなかったものの、無党派層や与野党支持者らの幅広強い追風を受けた。

 「都民ファースト」「女性活躍のために」「東京大改革」「たった一人の戦い」「透明な都政」「強いリーダーシップ」「都議会の冒頭解散」などをスローガンに掲げた巧みな戦術で、元総務相の増田寛也氏やジャーナリストの鳥越俊太郎氏らの猛追を退けた。

 だが、初の女性都知事に上り詰めた小池氏の前には、財政難、利権疑惑、子育て支援、保育所待機児童、少子高齢化、防災、テロ対策、2020年東京五輪・パラリンピックなど、さまざまな難題が立ち塞がる。小池氏は、迷走する都政の立て直しに敏腕をふるえるだろうか?

 選挙報道によれば、小池氏は「党や組織を超えて参加いただき、勝利につながった。楽しい選挙だった。結果の重みを感じながら、しっかりと都政に邁進し、かつてない透明な都政を進めたい」とインタビューに答えている。

鳥越氏を「病み上がり」と非難した胸中やいかに

 小池氏は64歳。古今東西、政治家の政治生命は、その健康寿命と常に背中合わせだ。小池氏の健康状態はどうだろう?

 『週刊宝石』(1998年7月16日号)に掲載された『手記 小池ゆりこ「子宮全摘出」の記録』によれば、衆議院大蔵委員会委員として国会審議に忙殺されていた18年前、当時46歳だった小池氏は激しい貧血に襲われ、下腹部に異常な痛みを感じたため、受診。筋層内筋腫が数カ所に認められる子宮筋腫と診断され、やむなく子宮全摘に応じた。

 手記によると「子宮を取り、一生子どもを生めない体になるという現実を否応なく突きつけられた。女としていつまでも出産への選択肢は持っていたい。『産む』『産まない』ではなく、『産める』『産めない』の大きな選択が目の前に立ちはだかっていることに気づいた」と語っている。