NEW

アマゾン、実は超トクする支払い方法!桁違いのポイント還元率、他種ポイントに交換可!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon MasterCardゴールド(「Amazon HP」より)

 通販サイトのアマゾンを利用して買い物をする人は多いが、支払い方法は何を使っているだろうか。一番お得で手軽なのがクレジットカードである。なかでもアマゾンを使うときにすこぶるお得になるカードがあるので紹介してみたい。

 アマゾンのクレジットカードと聞けば、公式クレジットカードである「Amazon MasterCardクラシック」(一般カード)や「Amazon MasterCardゴールド」(ゴールドカード)を思い浮かべる人は多いだろう。それぞれのスペックは、クラシックがポイント還元率1.5%で年会費無料。2年目以降は1350円だが、年に1回以上の利用があれば無料になる。

 ゴールドの場合、年会費が1万円(税別)かかるものの、ポイント還元率は2%。また、通常であれば3900円(税込)/年のプライム会員特典が付いてくるのでお得なようにみえる。特にゴールドは充実したサービス内容であるが、ポイント還元率と年会費からみると、公式クレカにまったく引けをとらないお得なカードが2つあるのだ。

ゴールドカード並のポイント還元率


 まずは、「Orico Card THE POINT」だ。肝心のスペックは、ポイント還元率が1.0%、年会費が無料。これだけでは特段高いスペックとはいえないが、アマゾンを利用する際に効果を発揮するのだ。というのも、アマゾン利用時には、ボーナスポイントとして0.5%が追加される。さらに「オリコモール」を経由しアマゾンを利用すれば、ポイントが0.5%上乗せされる。しめて2.0%。

 もちろんプライム会員の特典は付かないが、年会費無料でゴールドカード並のポイント還元率が実現できるのだから、かなりお得だ。ちなみに「モール」と聞くと面倒な操作が必要な気がするが、ログイン後に必要な作業は数クリックのみ。あとは自動的にポイントが付与される。

 一般的にクレジットカード選びには3つの要素が重要だといわれている。それが、「ポイント還元率・年会費・ポイントの使い勝手」だ。「Orico Card THE POINT」の実質2.0%のポイント還元率は数あるクレジットカードのなかでもトップレベルに位置し、年会費も0円なので文句なし。そして、貯まったオリコポイントは、アマゾンギフト券やTポイント、楽天スーパーポイントやWAONポイントなどにも交換できるので、ポイントの使い道に困ることもない。

現金感覚で使うこともできる


 2枚目はLINEが発行している「LINE Payカード」だ。あまり知られていないこのカード、モールなどを経由しなくてもポイント還元率が2.0%という桁外れのカードである。通常、2.0%もの高還元率になると年会費がかかるものだが、年会費は0円。正直、LINEが採算度外視で提供している感が強く、ある意味でカード会社泣かせでもある。