NEW

「できる人」の労働と睡眠時間にヒミツ~40歳を超えたら「週40時間」を「週25時間」労働に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

worklifebalance.jpg
<できる人>は「週25時間労働」?(shutterstock.com)

 政府は、ワーク・ライフ・バランスの観点から、国家公務員の働き方改革の一環として、夕方には仕事を終える「ゆう活」を提唱している。

 日照時間が長い夏に、早めに仕事を切り上げて、生活を豊かにしよう、という取り組みだ。夕方に終えるといっても、労働時間が短くなるわけではない。朝早めの出勤に前倒しする、リフレックスタイム制である。

 内閣人事局によると、霞が関で働く職員、約4万5000人のうち、「ゆう活」にのっとり出勤時間を早め、夕方までに退庁できたのは約1万8000人。昨年より3000人近く増えているという。

 実働時間が変わらなくても、働き方次第で人は「QOL(生活の質)」の向上を感じられるものなのだ。

 さらに実働時間が短縮できれば、私たちは、もっとQOLを向上できるようだ。

 オーストラリアのメルボルン応用経済社会研究所の発表によると、40歳を超えると、週25時間以上の労働は、疲労感や心身のストレスを引き起こしやすくなるという。

 同研究所は、40歳以上の6000人以上の労働者について、労働時間が認知機能に及ぼす影響を調査した。その結果、もっとも適した労働時間は、週25時間以下だったのだ。残念ながら、パートタイムやアルバイトでなければ実現できない短さだが。

 同研究チームのリーダーであり、慶応義塾大学で教鞭を執るコリン・マッケンジー教授は、「中高年の労働者にとって、働くことは、脳の活性化や、認知機能の再構築に良い」としつつ、「(40歳を過ぎたら)脳は、使うか失うかだ」とも述べている。

 働き過ぎが、脳の働きにダメージを及ぼすのは、容易に想像できる。だが、なぜ40歳なのか、そして25時間なのか。

ストレス過多を避けたい40歳の壁

 「40歳の壁」は、マッケンジー教授によれば老化に伴う知能の低下が関係するという。