NEW

古舘伊知郎が『あさイチ』でワイドショー進出を宣言!? 権力に媚び弱いものいじめに走るメディア状況を変えられるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

furutachi_160807.jpg
古舘プロジェクト公式サイトより


 当サイトでも取り上げたが、4日の『あさイチ』(NHK)戦争特集の放送は大変な反響を呼んだ。その内容が安倍政権の宣伝機関となってしまった最近のNHKではほとんど見ることのできない、攻めたものだったからだ。

 まず、井ノ原快彦が現在の日本に「戦争へ向かう」空気があることをはっきりと指摘、NHK解説委員の柳澤秀夫は「右から左にきたものをそのまんま『こうですよ』って垂れ流すのは、ぼくらの仕事を果たしていないと思う」と自局の批判とも受け取れるようなジャーナリズム論を展開。これを受けて、井ノ原と有働由美子も「叩かれてもいいから発言していくことが大事だ」と語ったのだ。籾井会長の独裁に支配され、言論の自由がなくなったNHKで、こうした発言をしたことは高く評価すべきだろう。