NEW

「最下位」東京ヤクルト、なぜ球場満員?ハンパなく楽しいファンクラブでファン囲い込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「東京ヤクルトスワローズ HP」より

 昨年度のプロ野球セントラル・リーグ覇者、東京ヤクルトスワローズ。今シーズンは投手陣の崩壊、ケガ人続出という、何年か前とよく似た状況で最下位に甘んじている。そんなチーム成績に反して好調な数字を維持しているのが、観客動員数だ。

 公式発表によると、2015年は1試合平均2万3021人。チーム名に「東京」がついた06年以降、1試合平均の入場者数が2万人を超えたのは、14年ぶりの優勝を果たした昨年が初めてだ。その勢いは今シーズンも継続中で、日本野球機構(NPB)公式発表によると48試合を終えた時点で1試合平均入場者数は2万3738人。確かに、いつ神宮球場へ行ってもヤクルト応援席である1塁・右翼側は大勢のファンで埋まっている。

 近年、筆者は年間60試合ほどプロ野球を観戦しているが、初めて神宮球場で観戦した03年は、ふらっと行っても自分の好きな席で野球が見られるほど空いていたが、今はそうではない。日によっては、発売と同時にチケットを買っておかないと「完売」の文字がチラつくような対戦カードもある。チームが強ければ観客が多いのは当然だが、お世辞にも今年のヤクルトは「強い」とはいえない。それでも、ファンは神宮球場へ足を運んでいる。一度増えたファンを手放さないよう、球団はどのような戦略をとっているのだろうか。

 筆者は、「公式ファンクラブのIT化」と「バリエーション豊富なグッズ展開と、“一緒に戦う”応援スタイル」が大きいと感じている。

公式ファンクラブのIT化

 公式ファンクラブの名称は「Swallows CREW(スワローズクルー)」。昔はファンクラブの活動もあまりなく、何をしていたのかもわからなかった印象だが、08年にリニューアルされスワローズクルーの名称となってからシステムをIT化した。

 現在、スワローズクルーには有料プランと無料プランを含め6種類の会員プランがある。会員数が一定数に達した場合は受付終了となるが、16年はすでに無料会員を含めすべて入会受付が終了している。14年は9月7日、15年は8月24日と、ここ数年新規入会受付を終了するペースがどんどん早まり、今年も7月18日に終了した。ファンサービスにおいて、ファンクラブの充実に重点を置いた球団の努力が実を結んでいる状況がわかる。

 シーズン中に5回以上神宮球場へ足を運ぶ人には、ファンクラブの入会をお勧めしたい。実際、スワローズクルーメンバーになって良かったと思う理由は3つある。ひとつはチケット代が一般価格より500円安くなり、QRコードを使って当日球場でチケット発券ができること。プレイガイドで購入するときに発生するシステム手数料も、QRコード発券なら無料だ。