NEW
石原藤樹「その医療の常識、本当ですか?」

ゼロカロリー飲料の人工甘味料、体にさまざまな害の可能性…過食や糖尿病の恐れも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

人工甘味料とはどのようなものか?


 ノンカロリーの炭酸飲料が、健康ブームもあって広く飲まれています。たとえば、カロリーゼロを謳ったコーラには、スクラロースやアスパルテームという名前の、いわゆる「人工甘味料」が使用されています。こうした人工甘味料は、基本的にカロリーがないか極めて少なく、それでいて自然な砂糖の甘さに似た「甘味」を感じさせます。

 それでは、通常のコーラの代わりにカロリーゼロのコーラを飲めば、いくら飲んでも血糖値は上昇せず、糖尿病に悪いということもないのでしょうか?

 実はこの問題は未解決なのです。

人工甘味料の歴史


 人工甘味料は、高価な砂糖の代用品として開発されたサッカリンがその始まりで、その後アミノ酸の一種であるアスパルテームやスクラロースなど、多くの「代用砂糖」が開発されました。

 これはそもそも、高価な砂糖の代用品として商品価格を下げる目的で使われたのです。サッカリンといえば、安かろう悪かろうという、どちらかといえば悪いイメージしかなかったのですが、カロリーのないことを逆手に取って、ダイエット目的や健康に良いというイメージで急速に普及することになったのです。

 サッカリンは発がん性の危惧があって、その後開発されたアスパルテームやスクラロースのほうが現在では主に使用されています。普及しているゼロコーラでも、使用されているのはアスパルテームやスクラロースが主です。

人工甘味料の作用と甘味受容体


 人工甘味料はカロリーがないにもかかわらず、甘味を感じさせます。素朴な疑問として、なぜカロリーのない化学物質が甘味を持っているのでしょうか?

 人間が甘味を感じるのは、舌の味蕾にある甘味受容体に、砂糖などが結合するためです。つまり、たとえカロリーがなくても、甘味受容体に結合する物質は人間には「甘い」と感じられるのです。従って、甘味受容体に結合する化学物質が、人工甘味料の正体です。ブドウ糖は甘く感じます。これはブドウ糖も舌の甘味受容体に結合することを意味しています。そして、2009年に群馬大学の小島至先生がネズミの実験において、ブドウ糖の結合する甘味受容体と同様の構造が、インスリンを分泌する膵臓の細胞にもあることを報告しました(参考文献:1)。

 これはどういうことかというと、甘いと感じた物質は膵臓の細胞を刺激してインスリンを分泌する可能性がある、ということです。つまり、人工甘味料も膵臓を刺激する可能性があるのです。