NEW

甲子園女子マネ排除で波紋の高野連、横暴尽くしの過去…批判封殺行為や越権的干渉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本高等学校野球連盟(アフロ)
 夏の全国高等学校野球選手権大会開幕前の甲子園練習において、グラウンドで練習補助を行った大分高校の女子マネージャーが大会関係者から制止された一件が、物議を醸した。


 危険性を理由にした日本高等学校野球連盟(高野連)に対して「時代錯誤だ」との声がある一方で「硬球の危険性」を指摘する意見もあるが、「部員たちを甲子園に連れていく」ことを夢見て、日ごろからノックの手伝いをするなど、マネージャーが部のために尽くしてきた心情を思えば、練習でグラウンドに立つことぐらい許可してあげてもよさそうなものだ。

 危険性を理由にするのであればヘルメット着用を義務付ければいいし、「女性の命である顔に当たったら……」との意見には、キャッチャー用のマスクを義務付ければいい。万が一そうなっても、自己責任だろう。

全高校に対して絶大な権力を握る高野連


 今回の件もそうだが、高野連の考え方ややり方には、首をかしげざるを得ない点が多々見られる。

 2001年、ある甲子園出場校の女子マネージャーが大会期間中に新聞紙上で手記を連載したところ、高野連が「取材・報道の良識の範囲を超えている。こういうことが選手にまでエスカレートすると収拾がつかなくなる」との理由から、連載を止めさせた。高野連が学校側に即刻注意したことで、連載中止に至ったのである。

 学校側から連載中止を申し出された新聞社は「普段、表に出ない女子マネージャーに光を当て、違った視点を読者に伝える記事だった。学校側に責任はない。取材・報道の良識の範囲とは何か説明してほしい」とコメントしていた。

 高野連が学校側にのみ注意をしたのも、高野連が全国の高校に対して絶大なる権力を握っているからにほかならない。

 過去には「ユニフォームに学校名、地名、校章以外の刺繍を禁ずる」として「文武両道」と刺繍した代表校を注意したり、「スタンドでの応援は平服に限り、奇抜な衣装は高校野球の応援にふさわしくない」として、民族衣装を着た沖縄県の応援団を締め出したりするなど、さまざまな干渉を行うのも高野連の体質だ。

 06年、早稲田実業学校高等部対駒澤大学附属苫小牧高校の決勝戦後、大会中の選手の様子をバラエティ番組で語った旅館を「選手のプライバシーを暴露した」として定宿指定から外した一件では、番組出演者のナインティナインが「球児を傷つけたつもりはなく理解に苦しむ。意味がわからない」と高野連を批判している。