NEW

『X-MEN』最新作は過去作と何が違う? “家族愛”と“恋愛”が強調された娯楽大作に

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

  『X-MEN』シリーズを手がけてきたブライアン・シンガー監督から、独自のビジュアルセンスで注目を浴びるイギリスの新鋭マシュー・ボーン監督にバトンタッチされた『X-MEN ファースト・ジェネレーション』。同作は、X-MENのメンバーの若かりし頃の姿を描き、熱狂的なアメコミ・ファンだけでなく、辛口の批評家陣からも絶賛された。プロフェッサーXことチャールズ・エグザビエ(ジェームズ・マカヴォイ)が、人類から迫害を受けてきた若きミュータント達をどのようにして集めたのか、X-MEN結成の物語を描くプリクエル・トリロジー(エピソードIからIIIまでの3部作)。その最終作となる『X-MEN アポカリプス』では、第一作から監督とプロデュースを務めてきたブライアン・シンガーが再びメガホンを握り、ここに三部作が完結した。しかし、本作から感じるメッセージ性には、シリーズの過去作と比べて、大きな変化があると感じられた。

 『X-MEN』シリーズに共通するテーマの一つが、“人種差別”という重いテーマである。単なるアメコミ・アクション映画とは一線を画す、深いドラマ性が作品の根底に流れている。その能力や容姿によって人類から迫害を受け続けてきたミュータントたちと、権力によって異端を除去しようとする政府との闘いを描いてきたのが、『X-MEN』から始まる旧三部作だった。

 この人類対ミュータントの構図は、第二次大戦下でのナチスによるホロコーストを意識している事は明らかだ。チャールズの親友にして敵となってしまう主要キャラクターの一人であるマグニートーことエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)に、アウシュビッツ収容所の被害者という哀しい過去を背負わせているのもその一端だ。旧三部作に於いて完全に悪役として登場してきたマグニートーの、人類に対する憎悪はホロコーストが産みだしてしまった結果なのだ。

『X-MEN』最新作は過去作と何が違う? “家族愛”と“恋愛”が強調された娯楽大作に