NEW

ドクターシーラボ、あっさりと世界的一大企業グループに変身…売上倍々ゲームの驚異的成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ドクターシーラボ 公式サイト」より

 化粧品ブランド、ドクターシーラボを展開するシーズ・ホールディングス(HD)は、米医療機器・医薬品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)グループと資本・業務提携し、アジア市場での販売をJ&Jに委託する。

 J&Jの子会社に、創業者である城野親徳会長、石原智美社長、城野会長の妻である城野智子氏らが保有する株式のうち、822万株を売却する。さらにシーズHD はJ&Jの子会社に145万株分の新株予約権を割り当て、これによって最大で35億円の資金を調達する。

 J&JはシーズHDの株式を最大19.9%保有する第2位の株主となる。筆頭株主は城野会長の資産管理会社CICで28.8%保有している(2016年1月31日現在)。

 資本・業務提携に伴い、シーズHDはドクターシーラボ、ラボラボ、ジェノマーの化粧品3ブランドのライセンス事業をJ&Jのアジア統括会社に譲渡。J&Jが日本以外の国でシーズHDの商品の販売を行う。一方、国内ではJ&Jの化粧品をシーズHDの販路で販売する。

 調達した資金は、今年1月に子会社にしたエステティック・サロン、シーズ・ラボの事業拡大に充当する。シーズ・ラボは首都圏や大都市に20店舗を展開している。城野会長の個人会社で、社長は石原氏。

 シーズ・ラボの事業拡大のため、エステティック・サロンの運営会社や、女性のための医薬品を製造・販売する会社のM&A(合併・買収)を予定している。

皮膚科医の知見を生かしスキンケア商品を開発

 城野氏は医師である。1963年5月、外科の開業医の家に生まれた。87年慶應義塾大学医学部を卒業後、大学病院で外科の研修医として働き始めた。切らずに病気を治せる薬や超音波医療機器が普及し、外科医の将来は暗いと考えて大学病院を辞め、日本医用レーザー研究所に入所してレーザー治療の技術を学んだ。

 95年、城野氏は32歳の若さで皮膚科医院のシロノクリニックを開業すると、皮膚に悩みを持つ患者が殺到したという。

 城野氏はさまざまな皮膚の悩みを抱える人たちと出会い、スキンケアの研究を始めた。1年かけてアクアコラーゲンゲルの開発に成功。患者だけに販売していたが、口コミで評判が広がった。肌のトラブルに悩む人々の要望に応えるため、99年2月にドクターシーラボを設立。海洋性コラーゲンを主成分とするスキンケア商品の通信販売を始めた。