NEW

国会議員の地元秘書はお盆も休めない!? 秘書の夏休みの過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイゾーウーマンより】

 国会議員秘書歴20年の神澤志万と申します。セクハラ、パワハラ当たり前! 映画もテレビドラマもかなわないリアルな国会とその周辺について、現役議員秘書が暴露します。

■地元秘書は、お盆も休めない

 暦の上では、もう秋ですが、まだまだ暑い日が続きます。知り合いに会えば、「暑いね~」が挨拶のようになっていませんか?

 さて、国民の祝日に関する法律が改正され、今年から「山の日」という祝日が増えました。これから毎年8月11日は、固定された祝日になります。お盆に近い日だということもあり、今年は長めの夏休みをゲットできた方も多いのではないでしょうか。

 永田町も、8月1~3日の臨時国会も終わり、内閣改造も無事に終わりました。安倍首相も10日から、今年2度目の夏休みに入ったようです。「首相でさえ夏休みなんだから、選挙続きで疲れた体を癒やしても許されるだろう」ということでしょうか。議員会館の中も、今年はきちんとお盆休みを取れている事務所がほとんどです。とはいえ、これは永田町の秘書の場合です。

 この時期は夏祭りなどが多いので、各議員の地元の秘書は、議員と一緒にイベント回りをしなくてはなりません。なので、お盆だからといって、あまり休めるわけではありません。交代で休んだり、9月の臨時国会で議員が永田町に戻ってから休みを取ったりして調整するようです。

続きはこちら