NEW

『ストリート・オーケストラ』監督が語る、スラム街の“奇跡”「音楽は人生を変えられる」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 スラム街で生まれた交響楽団を描いたブラジル映画『ストリート・オーケストラ』が、本日8月13日に公開された。スラム街の子どもたちで結成されたエリオポリス交響楽団という実在の楽団をモデルにした本作は、ブラジル・サンパウロ最大のスラム街エリオポリスを舞台に、荒れた生活を送る子どもたちと、挫折したヴァイオリニストが奇跡を起こす模様を描いたヒューマンドラマだ。リアルサウンド映画部では、『セントラル・ステーション』や『ビハインド・ザ・サン』などのウォルター・サレス監督作品で助監督を務めた経験を持つ、セルジオ・マシャード監督にインタビューを行い、自身の実体験を反映した制作背景などについて話を訊いた。

ーー今回の作品は事実に基づいた舞台作品を映画化したものだそうですね。脚本にはあなたを含め4人の名前がクレジットされていましたが、脚本はどのように執筆されたのでしょうか?

セルジオ・マシャード(以下、マシャード):この作品を監督をすると決まった時、僕は別の映画の制作をしていて、自分で脚本を書いている余裕がなかったんだ。なので、プロデューサーがマリア・アデライデ・アマラルとマルタ・ネリングという2人の脚本家に依頼して、ベースとなる脚本ができあがった。ただ、これまで自分が監督してきた作品では、僕自身が脚本を書いてきたこともあって、その脚本にあまり満足できなかったんだ。もちろんいい部分もあったから、その脚本をベースに、改めて僕1人で脚本の執筆を行った。そして仕上げとして、仲がいいマルセロ・ゴメスという脚本家に参加してもらい、物語をよりパーソナルな形にしていった。僕らブラジルのフィルムメーカーたちは互いにとても密接な関係を築いていて、いろいろなことを話し合ったり、影響を与え合ったりしているんだ。ウォルター・サレスと仕事をする上でも一緒に脚本を書くことが多かったから、何人かで脚本を仕上げる作業には慣れていた。その経験が役に立ったとも言えるね。

参考:続きはこちら