NEW

SMAP解散、木村以外はジャニーズから独立が決定的に…元マネI氏が引き受けも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=嶋名隆/イラストレーター

 リオ五輪で盛り上がる13日深夜、衝撃のニュースが日本をかけめぐった――。

 ジャニーズ事務所は報道各社宛のFAXで、SMAPが今年12月31日をもって解散することを正式に発表した。今年1月に突如勃発した解散騒動とグループ活動継続宣言からわずか7カ月、急転直下で解散が決定した。

 1月の解散騒動以降、グループとしての活動は激減。新曲の発売もなく、予定されていたデビュー25周年記念ツアー実施のメドも立たず、メンバー全員が揃っての仕事はほぼテレビ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)出演のみとなっていた。

 7月に放送されたTBS系、フジ系、日本テレビ系の音楽特番にもSMAPとして出演しなかったことが話題を呼んでいたが、その裏ではジャニーズのジャニー喜多川社長が直接メンバーに出演を説得したものの、メンバーはこれを拒否したと報じられている。

 一方、同月放送された『FNS27時間テレビ フェスティバル!』(同)内で、中居正広が「バタバタはしましたよ。でも、今は全然(メンバー間は)円滑にいってますから」と順調をアピール。ひとまず解散危機は乗り越えられたと思われていた矢先の、今回の解散発表となった。

 報道によれば今回、木村拓哉以外のメンバーが10日にジャニー社長を訪問して解散の意向を伝え、翌11日にはジャニーズ内で解散が決定したという。気になるのは5人の今後の活動だが、スポーツ紙関係者は語る。

「SMAPメンバーとジャニーズとの所属契約更新タイミングである今年9月前後で、なんらかの大きな動きがあるのではないかと注目されていましたが、実はメンバーはすでに今年12月末までという期限で契約を更新済みです。グループとしての活動が“なし”となった今、ジャニーズとしては木村以外の4人は事務所に残ろうが出て行こうが“どうでもいい”という姿勢です。しかし、こういう状況になった以上、事務所として木村以外のソロ活動に力を入れるはずはなく、メンバーとしても窮屈な思いをするだけです。よって、中居ら4人の独立は決定的とジャニーズ社内ではみられています。しかし、そうなれば当然ながら4人はジャニーズ所属タレントとの共演はNGとなるので、テレビ局側も扱いにくい。いずれにせよ、4人の今後の芸能活動は厳しいものとなるでしょう」

カギを握る人物


 そこでカギを握るのが、今回の解散騒動のきっかけをつくったとされ、今年1月にジャニーズを退職した元SMAPマネージャー・I氏の存在だという。芸能事務所関係者が語る。