NEW

一泊たった2千円の完全個室ネットルームが快適過ぎる!シャワーも洗濯もできる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NET MARU HP」より

 近頃、ホテル代わりに「ネットルーム」を利用する人が増えている。ネットカフェや漫画喫茶のようなフリードリンクや漫画本のサービスは提供されないが、そのほとんどは快適なインターネット環境に加え、完全個室。プライベート空間を確保できることから、利用者の間ではより“ホテルっぽい”として人気が集まっているという。

「ネットカフェは、例えば急な出張で宿が必要になった人や、終電を逃した人などの利用も多いです。東京都内の一般的なネットカフェですと、大体8時間過ごすのに2000円も要りませんから、ホテルに泊まるより断然安い。そこで今、こうしたニーズに目をつけた企業がネットルームを展開しているようです」

 こう語るのは、ネットルーム業界関係者。

「ネットカフェ大手の『マンボー』も、すでに東京都内と神奈川県に複数の『ネットルームマンボー』を展開。また、今年6月1日には、北海道で『JOY-Cafe(ジョイカフェ)』を運営するオカモトグループが、東京・池袋に『NET MARU(ネトマル)』というネットルームを新たにオープンさせました。もちろんどちらも完全個室で、シャワーやランドリーコーナーなどが備わっています。ホテルのようにフロントにルームキーを預ければ出入りも自由なので、食事や買い物の心配もいりません」

 そのほかWi-Fiや喫煙所も完備されているそうで、まさに宿代わりにはもってこいのようだ。

 しかし、ネットルームマンボーの口コミを調べてみると、「ドライヤーがない」「店内が派手でラブホテルみたい」など、少々気掛かりな意見も。一方、NET MARUはオープンしたばかりで口コミが少ないものの、「かなりキレイ。ホテルみたいでまた来たい」などと評価されている。そこで、筆者も実際にマンボーとNET MARUを利用してみた。

室内でのスマホ通話OK


 まずはマンボーの「ネットルーム 新大久保店」へ。店の入り口はギラギラと輝く装飾が施されており、フロントもゴールドで派手。ラブホテルとまではいわないが、カラオケ店のような印象を受けた。

 受付で身分証を確認され、無料の会員登録を行った後、料金の説明。スタンダードルームが1時間300円なのに対し、レディースは1時間100円と格安なのが魅力的。しかし、残念ながらこの日はどちらも満席で、結局1時間400円のデラックスルームに通された。やはり、安い部屋は人気なのだろう。ちなみに、翌朝11時までの1DAYプランならスタンダードが2600円、レディースは2200円に設定されていた。