NEW

自分や家族がニセモノ<そっくりさん>に!妄想する障害「カプグラ症候群」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

91003249-2.jpg
自分や家族が瓜二つの替え玉に入れ替わっている?(shutterstock.com)

 1918年8月8日、フランス・パリ――。マティルド・ムーラン夫人(53)は、パリ警視庁に駆け込むなり、半狂乱になって叫んだ。

 「子ども7人が強盗団に誘拐された。家の地下室に閉じ込められているのよ! 子どもたちの泣き声が止まない、早く助けて」

 その直後、ムーラン夫人の身柄は精神病院「メゾン・ブランシェ(白い家)」に移された。彼女は、精神科医ジャン・マリ・ジョゼフ・カプグラの目をじっと見据えて訴え続ける。

 「夫と娘の姿がどこにも見あたらないの。二人に替わって、そっくりさんが急に現われたわ。私を騙そうとしているに違いない!」

 古典的名著『解釈妄想法』を1909年に上梓していたカプグラと助手のルブール・ラショーは、1923年、臨床精神医学学会でムーラン夫人に見られる「そっくりさん幻想(l'illusion des sosies)」の症例を詳細に報告して注目された。

 身近な家族、恋人、親友が瓜二つの分身(ドッペルゲンガー)に入れ替わって見える妄想に陥る精神障害、それが「そっくりさん幻想」だ。「替え玉の幻想」「ソジーの錯覚」とも呼ばれる。

 1929年に精神科医レヴィ・ヴァランシが「カプグラ症候群(Capgras Syndrome)」の呼称を提唱して以来、多くの症例が知られている。当初は女性に多く見られたが、1936年に精神科医マーレイ・J.R.が男性例を報告し、性差については現在も論争がある。

娘はまた別の娘と入れ替わり、次々と別の分身に変身