NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

果たしてスポーツは、本当に体に良いのか?屋外ジョギングやジムのマシンは危険?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今回は、「スポーツ」の話で盛り上がっています。リオ五輪に刺激されたのでしょうか。“極論君”は「どんなスポーツでもやらないよりは、やったほうがいい」という論調です。一方の“非常識君”は「スポーツはやらないほうが体にいいに決まっている」とまったく正反対の論調です。

 まず非常識君が極論君に質問します。

「もしもスポーツが体にいいのなら、そのトップを極めたオリンピック選手の体型が、種目によって異なるのはおかしいと思いませんか?」

 確かにそうですね。マラソンの選手は比較的細身ですが、水泳選手は逆三角形ですね。陸上の投てき種目、砲丸投げ、円盤投げ、やり投げはみな体格が異なります。重量挙げの選手、体操の選手などはそれぞれ独特の体型です。

 確かに、体にいいのであれば、みんな同じような体型になるようにも思えますが、スポーツ選手は非常識君の指摘のように体型はそれぞれ異なっています。そこで、極論君が言います。

「体型はひとつの行き着いた先の結果であって、大切なことは、心拍数を上げて、呼吸数を増して、そして循環動態を活発化させることが大切なのだ」

 確かに、動くのが嫌いな人は、散歩も嫌い、階段を上がるのは大嫌い、できればゴロゴロしていたいというタイプが多いですね。そんな人と比べれば、スポーツを趣味にしている人は、動くのが大好きです。そんな動くことに視点を置くと、どんなスポーツでも続けていることは健康に良さそうにも思えます。

 続けて、“非常識君”が言います。

「スポーツ選手は、ケガをする頻度が高いと思いませんか?」

 確かに、ゴロゴロ寝ていればケガはしません。ところが、自転車に乗れば、それも競技用のロードバイクに素人が乗れば、転倒し骨折、運が悪いと脊髄損傷で手足が麻痺します。ジョギングも、散歩に比べて膝に3倍近い力が加わるので、膝のケガなどが頻発します。チーム競技は自分の体を犠牲にしても勝利にこだわるようになり、自ずと無理が重なります。

 フィールドで競技者がぶつかる可能性があるサッカー、バスケットボール、ホッケー、ラグビーなどは、外傷がつきものです。重量挙げの選手が腰を痛めることはよく耳にします。確かに、スポーツのやりすぎは体に害がありそうですね。