NEW

なぜ夫婦の愛は冷めやすいのか?「結婚・夫婦・家族」のあり方が問われる時代の解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

93017287-3.jpg
結婚・夫婦・家族のあり方が問われる時代Chutima Chaochaiya / Shutterstock.com

 劇作家のオスカー・ワイルド(1854〜1900)は「男は退屈から結婚し、女は好奇心から結婚する。そして双方とも失望する」と言っている。

 また、文学者のバーナード・ショー(1856〜1950)は「できるだけ早く結婚することは女のビジネス、できるだけ結婚しないことは男のビジネスだ」と、歴史家のトマス・フラー(1608〜1661)は「妻はたえず夫に服従することによって、夫を支配する」と言っている。

 なぜ夫婦の愛は冷めやすいのか? この大命題を解くヒント、それは性の多様性(セクシャル・ダイバーシティ)と一夫一婦制にある。

セクシュアリティ、家族、夫婦のあり方がますます深く問われる時代

 人間のセクシュアリティ(性のあり方)は実に多様だ。ヒトは生物学的には男性と女性というセックス(生物学的性別)に分けられ、社会的・文化的には男性の役割(男らしさ)と女性の役割(女らしさ)というジェンダー(社会的性別)に分けられる。

 体の性、心の性、好きになる性が一致し、男女の異性愛に惹かれる人は、セクシャル・マジョリティ(性的多数者)となる。一方、同性愛、両性愛、無性愛に惹かれる人は、セクシャル・マイノリティ(性的少数者)のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)となる。

 LGBTの権利意識や実態が顕在化するとともに、セクシュアリティ、家族、夫婦のあり方がますます深く問われる時代を迎えている。シングルであれ、既婚であれ、子育て中であれ、恋愛中であれ、失恋中であれ、自分らしく生きることが、かけがえのない生涯価値という真実を疑う人はいないだろう。

 ところが、家族の崩壊や夫婦の危機が叫ばれて久しいものの、余りにも日常的な難題のためか、その実態はタブー視され、棚上げされがちだ。

 戦前までの日本社会は、性差を根拠にした封建的な階級社会と血縁意識の強い家父長を頂点とする家族制度を根強く温存していた。戦後の民主化や経済成長、栄養改善や医療革新、高学歴や高所得の新風は、日本人の社会意識や価値観を180度、転換させた。