NEW

いま目立つようになってきた、「双極性障害」や「発達障害」が疑われる人の<うつ病休職>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

002_79115569.jpg
なぜ「うつ病」で休職を繰り返してしまうのか?(shutterstock.com)

 うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

 いま、うつ病やうつ病休職をめぐる最新事情はどうなっているのか? 日本でうつ病のリワークを進めるプログラムを普及させた中心的人物のひとりである、NTT東日本関東病院精神神経科部長・秋山剛医師に、最新の知見を聞いた。

過重労働によるうつ病は減ってきた

──最近のうつ病の傾向を教えてください。

 近年、厚生労働省は、長時間労働を抑制するためにさまざまな施策を打ち出しています。以前に比べれば、長時間労働の負荷は下がってきているのではないでしょうか。従来型の、いわゆる過重労働によるうつ病というタイプは、減ってきていると思います。

 現在は別のタイプ、軽い「双極性障害」だとか、軽度の発達障害を帯びていると思われる人がうつ病となって休職するケースが目立つようになっています。

 ちなみに、双極性障害は以前、躁鬱病と呼ばれていたもので、気分が昂揚しているときと落ち込んでいるときの差が大きい病気です。発達障害は、脳機能の発達のばらつきのための生じる学習やコミュニケーションなどの障害です。

 精神症状には、「主観的に感じるもの」と「行動に現れるもの」があります。主観的な症状は、周囲にはわかりづらい。逆に行動の変化は、本人よりも周囲の人のほうが気づくことがあります。