NEW

「高倉健さんは、ひとつの役しかできないけれどスターだった」 『健さん』監督が語る、その偉大さ

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年11月10日に逝去した映画俳優・高倉健の美学に迫った映画『健さん』が、8月20日に公開された。本作は、降旗康男、山田洋次、梅宮辰夫、マイケル・ダグラス、マーティン・スコセッシ、ジョン・ウーら国内外20人以上の監督・俳優・ゆかりのあった人物たちの証言とともに、高倉健の知られざる素顔を追うドキュメンタリー映画だ。リアルサウンド映画部では、メガホンを取った日比遊一監督にインタビューを行なった。ニューヨークを拠点に写真家としても活躍する日比監督は、本作で“高倉健”をどのように切り取ろうとしたのかーー。撮影時のエピソードや日本映画界の現状などについてもたっぷりと語ってもらった。

ーー監督はそもそも高倉健さんと交流があったのでしょうか?

日比:全くないんですよ。ただ、大ファンだったので、何度か手紙を書いたことはあります。10通くらい書きましたね。いつも元気をもらっていますとか、普段からいつも映画を拝見させていただいていますとか、次の作品も楽しみにしています、というような内容ですね。かなり一方的だったので、ファンレターに近かったです。僕は海外生活が長いのですが、最初の頃は英語が話せなかったり、友達ができなかったり、いろいろ苦労したんです。そんな時に高倉さんの映画や言葉からすごく元気をもらったので、感謝の気持ちを込めて書いていましたね。残念ながら返事をもらったことはありませんけど。

ーー高倉健さんの作品に触れることになったきっかけは?

続きはこちら