NEW

SMAP解散「統制報道」のスポーツ紙とテレビの「死」…ジャニーズ見解垂れ流し、事実隠蔽同然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)
 リオデジャネイロオリンピックが白熱する中、日本のインターネット上に「SMAP解散」情報が流れた。報道しているのは、8月13日の時点ではサイゾー系のネットメディアのみ。この情報が本当であれば、国民的関心事だけあって、ほかのネットメディアにも流れるはずだっただろう。


 しかし、このサイゾー系のネット報道を転載するメディアはあっても、日頃芸能関係の情報を流すメディアは、ほぼ完全に沈黙していた。正直、一瞬「これは誤報ではないか」という疑念が頭をかすめたのは事実である。

 しかし、その疑念は、アイドル評論家の中森明夫氏のツイッターの投稿によって否定された。中森氏は14日朝のスポーツ新聞各紙でSMAP解散が報道されることを複数の芸能マスコミから聞いたとコメントしていた【※1】。

 その発言は、数時間後には早刷りの紙面を手に入れた多くのネットユーザーたちによって確証が得られた。芸能欄を持つほぼすべてのスポーツ紙は、その1面で(不気味なほど統一感のあるロゴとデザインで)SMAP解散を一斉に伝えた。NHKはオリンピック放送の途中に速報を入れ、解散の事実を伝えた。日本中に衝撃が走った。

 だが、中森氏をはじめ、日頃から日本のアイドル市場を見てきている人たちの何人かは、このSMAP解散報道について批判的な姿勢を明らかにした。筆者も、そのひとりである。

 SMAP解散情報は、14日に(サイゾー系メディアと中森氏以外)まるで示し合わせたかのように報道された。しかも、これだけ国民の関心がきわめて高いニュースにもかかわらず、ジャニーズ事務所からのFAXの文面を紹介するのみにとどめ、独自に事務所やメンバーへの取材などはまったく行われていなかった。これに対して、中森氏は以下のようにコメントした。

「国民的アイドルグループの解散がFAX一枚の通知に唖然。これはないんじゃないの!? 記者会見もなし? が、各紙にメンバーのコメントが…。誰がいつ、どのような形でコメントを取ったのかの説明すら一切なし」【※2】

 先に「まるで示し合わせたかのように報道」されたと書いたが、その後、この解散報道が関係各社による「報道カルテル」のように事前統制が行われていたとする記事も出てきた【※3】。

 さらに松谷創一郎氏の独自取材を含む分析でも、同様に、このスポーツ紙とテレビ局との「統制報道」が詳細に解説されている【※4】。

 中森氏は、今回のSMAP解散報道のあり方に「芸能マスコミは完全にジャーナリズム性を放棄したのか?」と苦言を呈した。まさに、筆者も同じ気持ちである。