NEW

「新型うつ」はどう治す?~心理的な背景にある〈偏り〉の改善がカギに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

002_368368352.jpg
新型うつ」は詐病か?(shutterstock.com)

 うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

 今回は、うつ病の発症する要因と、周囲には軽症に見える、いわゆる「新型うつ」について、 NTT東日本関東病院精神神経科部長・秋山剛医師に話を聞いた。

うつ病は誰でもかかる可能性がある

──うつ病を発症させる要因には、どのようなものがありますか?

 病気には多数の遺伝子が関与していて、遺伝子と環境の相互作用で、病気が発症したりしなかったりします。つまり、遺伝だけで病気になるかどうかが決まるわけではないのです。これは精神疾患に限りません。

 うつ病には非常に多くの遺伝子が関与していると考えられます。また、遺伝子と環境の相互作用の中で、環境が及ぼす影響も大きいと考えられます。どんな人でも、非常にストレスのある環境に置かれたら、うつ病になる可能性があり、「誰でもうつ病になる可能性はある」は正しいと思います。

「新型うつ」は詐病か?

──以前、議論を呼んだ「新型うつ論争」では、「新型うつとは<怠け>なのか?」といった声がありました。

 「新型うつ」という名称は、メディアが作った俗称であって医学用語ではありません。新型うつと呼ばれている病気が、本当に昔にはなかった<新型>なのか、実は昔からあったけれど、あまり気づかれていなかっただけなのか、まったくエビデンスがありません。