NEW

『ニンジャ・タートルズ』新作、なぜ中国で大ヒット? 中国企業のハリウッド出資事情の変化

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 8月26日から公開中の『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』は、2014年に公開された『ミュータント・タートルズ』の続編。その名の通り、ミュータントな4人のニンジャ亀が、シュレッダー率いる悪のニンジャ軍団から世界を救うため戦う、SFアクション大作だ。前作に引き続き、『トランスフォーマー』シリーズでおなじみ‟破壊大帝“ことマイケル・ベイが製作を務め、宇宙人と子どもたちが冒険を繰り広げるSFジュブナイル映画『アース・トゥ・エコー』のデイヴ・グリーン監督がメガホンをとっている。さて、前作同様、複数の国と地域で初登場第1位を獲得した同作だが、際立って人気の国が例によって急成長をとげる中国である。約240億円の世界興行収入の40%(60億円)が中国での売り上げなのである。なぜここまで『タートルズ』は中国でウケるのか。

媚びずに適応する”中国資本ハリウッド映画の変化

 「マイケル・ベイ製作、中国で大ヒット!」といえば、『トランスフォーマー ロストエイジ』(14年)が記憶に新しい。同作は中国の放送企業・中国電影頻道の出資を受け、中国企業のプロダクトプレイスメント(出資会社の商品やロゴを広告として登場させる手法)を盛り込んだり、地元キャストに配慮したプロットを採用したり、上海ロケシーンを追加した“中国版”の上映を行った。こうした中国市場への配慮は「媚びている」と一部メディアに揶揄されることにつながっている。そして、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』にも、中国のメディア企業・アリババ社が出資を行っているのである。

参考:続きはこちら