NEW

『ルーク・ケイジ』主演俳優が語る、共感されるヒーロー像 「誰しも人生でやり直したいことがある」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マーベルコミック原作のドラマ『ルーク・ケイジ』がNetflixで9月30日から配信される。本作は、無実の罪で刑務所に収監され、人体実験によって銃弾やチェーンソーをも跳ね返す鋼の肉体と、トラックを軽々と持ち上げられる怪力を手に入れたルーク・ケイジの活躍が描かれる。『ジェシカ・ジョーンズ』にも登場したルークが、ジェシカとキルグレイブの戦いから数ヶ月後にニューヨークのハーレムへと移り住み、そこでヴィラン(悪役)の“コットンマウス”や“マリア・ディラード”と対峙していく中で、ルークの隠された過去も明らかになっていく。リアルサウンド映画部では、ルーク・ケイジを演じるマイク・コルターにインタビュー。『ジェシカ・ジョーンズ』との繋がりや、『ルーク・ケイジ』の魅力を語ってもらった。

■「アメリカ人にとって“ルーク・ケイジ”は感情移入しやすいヒーローなんだ」

ーールーク・ケイジは、アフリカ系アメリカ人のスーパーヒーローの中でも古い歴史を持つキャラクターです。やはりマイクさんにとっても馴染み深い存在なのでしょうか?

マイク・コルター(以下、マイク):僕は田舎の方の生まれだから、幼い頃にコミックと触れ合う機会がとても少なかったんだ。だから、僕自身はルークケイジと共に育ったわけではない。それに小さい頃に僕が空想していたスーパーヒーローもアフリカ系アメリカ人ではなかったし、そもそも人種や肌の色を意識したことはなかったよ。たしかに一部の人たちの中には、自分の容姿と似ているヒーローの方が共感できる人もいると思う。きっと彼は、アフリカ系アメリカ人にとってユニークなキャラクターだっただろうけど、それ以外の人たちにとってもすごく新鮮なキャラクターであると僕は思うんだ。

参考:続きはこちら