NEW

「バリバラ」衝撃の生放送! 「24時間テレビ」の裏で「障害者=感動」を<感動ポルノ>とぶった切る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

baribara3.jpg
24時間テレビの裏で「検証!『障害者×感動』の方程式」生放送(画像は番組公式HPより

 冒頭から挑発的な企画<感動ポルノ>が流れた! 障害者を演出することで、いかに「感動が作られる」のかを辛らつに紹介したのは、NHK教育テレビジョン(Eテレ)の「バリバラ」だ。

 同時間帯に放送しているのは、「愛は地球を救う」というテーマで年に一度放映しているチャリティー番組、ごぞんじ「24時間テレビ」。

 24時間テレビがクライマックスを迎える日曜19時から、バリバラでは「笑いは地球を救う」というキャッチコピーで「障害者×感動」をテーマに生放送で大討論した。

 「なぜ世の中には、感動・頑張る障害者像があふれるのか?」を徹底検証するスタジオとともに、「障害者を描くのに感動は必須か」「チャリティー以外の番組に障害者が出演する方法」などについて、視聴者もTwitterで参加した。

 番組では、出演者のひとり、先天性四肢欠損症のある岡本真希さんが「普通に生きているだけなので<感動の材料>にされたくない」とコメント。

 また、車椅子のコメディアン・ジャーナリストで障害者問題を訴えてきたステラ・ヤングさん(享年32)を取り上げ、「障害者は障害という悪に打ち勝ったヒーローではない、感動ポルノは障害についての考えをゆがめてしまう」というヤングさんの主張を紹介した。

その裏では、まさに演出された<感動ポルノ>が……

 その後、日本テレビにチャンネルを変えると、雨の中を100.5kmマラソンに挑戦する噺家・林家たい平が日本武道館に向かう姿が映し出された。会場手前からは「笑点」メンバーが伴走。予定時間よりも早く着いてしまったため、放送終了時間に合わせて、ゴール前で時間調整する姿は、まさに<感動ポルノ>。 

 そもそも、我々は障害者に対してなぜか聖人君子のようなクリーンなイメージを抱いてはいなかっただろうか。車椅子でバスケットに打ち込んだり、足で絵筆を握り素晴らしい絵を描いたりして、純粋無垢な瞳で自らの障害と闘っているのだ――。

 そこで「感動を呼ぶ障害者像」が生まれるわけだが、それは勝手な思い込みと言わざるを得ないだろう。