NEW

人気薬「ボルタレン」を効果的に使う<コツ>! 「ぎっくり腰」の自宅治療も可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 「ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)」は、「ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)」と並んで非常によく使われる「解熱鎮痛剤」だ。その手軽さと効果から、人気の大衆薬のひとつである。

 ボルタレンとロキソニンは、どちらも「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」に分類される。その目的は「炎症を抑える」ことだが、両者の違いはどこにあるのだろうか。そのひとつに挙げられるのは、ボルタレンはロキソニンよりも「強い効果がある」といわれている点にある。

 イメージ的には、ロキソニンは「素早く効くが持続時間が短い」、ボルタレンは「強く効いて持続時間が長い」――。

 ボルタレンは、飲み薬、貼り薬などのさまざまな製品が市販されており、ドラッグストアなどで目にすることも多い。入手しやすく手軽に使えるが、皆さんはその特性を理解して効果的に使っているだろうか?

 痛み止めの効果のあるボルタレンだが、痛みにはいくつか種類がある。炎症からくるもの(ぎっくり腰や打撲などの痛みはこれに当たることが多い)、偏頭痛などの痛み、神経系の痛みなどだ。

 ボルタレンが効くのは、「炎症による痛み」である。ほかの痛みには、それに適した薬を飲んだほうがいい。

ぎっくり腰は<炎症>の痛み

 それを踏まえた上で、「ぎっくり腰にボルタレンは効くのか?」ということを説明したい。