NEW

韓国社会派ヒューマンドラマ『弁護人』より、ソン・ガンホのコメント&ビジュアル公開

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 韓国最大の映画祭・第35回青龍映画賞で最優秀作品賞・男優主演賞ほか、数々の映画祭で受賞した映画『弁護人』より、ソン・ガンホのコメントと劇中のビジュアル、ならびにポスターが公開された。

 本作は、1981年9月に起きた「釜林(プリム)事件」をモチーフに、コネも学歴もないソン・ウソクが政府を相手に孤軍奮闘する社会派ヒューマンドラマ。『運命の王-歴史を変えた八日間-』のソン・ガンホが主人公を演じるほか、『トライアングル』のイム・シワン、『明日へ』のキム・ヨンエ、『傷だらけのふたり』のクァク・ドウォン、『ベテラン』のオ・ダルスが出演する。なお、ヤン・ウソク監督は本作で長編映画デビューを果たした。

 映画の基となっている釜林(プリム)事件は、政府が民主化勢力を弾圧するために事件をねつ造し、令状もなく被告人22人を不法連行、自白を強要した冤罪事件で、被告人のうち5人は国家保安法違反などの容疑で有罪判決を下された。被告人の弁護を担当したのは、当時駆け出しの弁護士であったノ・ムヒョン元大統領であり、政治家転身のきっかけとなったとされている。なお、5人の被告はノ・ムヒョン元大統領の死の翌年に再審を受け、全員の無罪が言い渡された。

参考:続きはこちら