NEW

「母を早く安心させたい」…高畑容疑者、親孝行で現場の愛されキャラが性犯罪者になるまで

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 息子・高畑裕太容疑者の強姦致傷容疑による逮捕を受けて、8月26日に謝罪会見を開いた女優の高畑淳子。予定時間が過ぎた後も「すべてのご質問にお答えいたします」と対応した姿からは、息子のしでかしたことに対する「お詫び」の姿勢が痛々しいほど見えた。


 会見では、息子の女性問題や性癖についても質問がおよんだ。「女性芸能人の中で彼を嫌がっている人もいたようだが」との質問には、「ああいうタイプの男の子が嫌な人は多いだろうなと思います」と答えていた。

 続けて「性的な衝動を抑えられない、ブレーキがかからないということは過去、あったか」との問いにも「男の子供をほかに持っておりませんので、男の子というのはこういうものかな、というぐらいしかなかった」「私が見る顔は家庭の中だけの顔で、その中で思い出されることはないように思います」と返答していた。

 これを受けて、インターネット上では「母親が息子の性癖など知るわけがない」などと炎上した。確かにむごい質問ではあるが、今回は事件が事件であり、報道するのはテレビのワイドショーでもある。こうした内容の質問も致し方ない面があり、気丈に答えていた淳子の気の毒な様子に拍車がかかった。

坂上忍の厳しい言葉に爆笑する高畑容疑者


 高畑容疑者は「自分を客観的に見られないタイプ」だ。

 バラエティ番組にも積極的に出演していたが、昨秋、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」というコーナーにゲスト出演した際、ダウンタウンや坂上忍とのトークにはあまり参加せず、「楽しくて仕方ない」と笑ってばかりだった。

 大御所相手で緊張し、トークができないため“逃げ”も入っていたのかもしれないが、終始笑っているだけではバラエティタレントとしては使えない。高畑容疑者の隣で、必死に芸能人としての生き方を質問していた渡辺裕太(渡辺徹と榊原郁恵の長男で高畑容疑者とは飲み仲間)とは真逆の“天然っぷり”だ。

 この時、坂上が2人に次のような質問をした。

「芸能界で生きていくにあたって、一番厳しいところはどこだと思う?」

 答えに詰まった2人に、坂上はこう答えた。

「“入り口”なんだよ。(普通はテレビに)出られないんだよ。あんたら、親のおかげでテレビに出られてるんだろ。そこ(入り口)をワープして、悩みなんかあるはずないんだよ!」

 この直後、なぜか笑いをこらえていたのが高畑容疑者だった。松本人志が思わず「今、笑いこらえてたやろ。今笑うところ、あった?」とツッコむも、高畑容疑者は「めっちゃ楽しいっす!」と返すだけ。