NEW

SMAPは<いのちへのナビゲーター> 医療や健康を身近にした魅力ある「医療ドラマ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_smap0830.jpg
医療の世界への案内役としての功績外大きいSMAP

 SMAP解散発表直後、メンバー5人が顔を揃えて収録したフジテレビ系「SMAP×SMAP」が8月29日、オンエアされた。「ビストロSMAP」のゲストはSMAPの大ファンであるというリオ五輪柔道男子90キロ級金メダリストのベイカー茉秋だった。

“ベイカー・クイズ”では「初めて買ったCDは?」という質問に、ベイカー自身が「男性アーティスト」、中居正広が「けっこう今、タイムリーですよね。タイムリー」とそれぞれヒントを出した。これに木村拓哉が「SMAP」と即答して正解。「何の曲でしょうか?」という質問には、香取慎吾がすぐに「世界に一つだけの花」と正解した。

 こうした微妙ニュアンスを含む進行さえも端端と進められあたりが、それぞれのメンバーの割り切り具合を象徴しているかのようにも感じられる。

不治の病に冒された医師を好演した中居さん

 八面六臂なマルチな活動をこなしてきたグループであることはいまさらながらだが、病気、健康、そしてバリアフリーなど、SMAPをナビゲーターとして知ることができたファンもいるのではないか。

 今回は〝HEALTHPRESS的SMAPクロニクル〟に挑戦する。

 まず、リーダー中居正広さん。
 中居さんは、「最後の恋」(1997年7月11日から9月19日まで)で医大生を、「輝く季節の中で」(1995年4月20日から6月29日まで)で研修医を、そして「白い影」(2001年1月14日から3月18日まで)では外科医の役を演じている。
 
 中でも、「白い影」の評価は高く、中居さんの出世作と呼ばれ、このドラマでファンになった人も少なくない。「白い影」の主人公、直江庸介は多発性骨髄腫という血液のがんに侵された優秀な外科医。

 現在では、多発性骨髄腫は症状をコントロールすることが可能となり、完治は難しいとはいえ治療後の生存率も年々上がっている。だが、原作が書かれた1970年代には死に直結するような病だった。
 
 医師が不治の病であったがんにかかるという難しい役どころを見事に演じ、最初はキャスティングに難色を示した原作者の渡辺淳一もドラマの放送を観た後、失礼なこと言ったと反省したと述べている。