NEW

人型ロボット「Pepper」で<遠隔介護>〜飛躍的に広がる医療ロボットのニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

pepperforbiz.jpg
「Pepper」を遠隔操作して介護サービスを検証(画像はソフトバンクグループの公式HPより)

 AI(人工知能)の第3回は、心がホッとする人型ロボット「Pepper」のエポックだ。本サイトの「人間の感情を理解できる人型ロボット『ペッパー』は認知症の進行予防に役立つのか!?」でも紹介しているように、Pepperは、人間の感情を認識する「感情エンジン」という高度なAIを搭載した最先端の医療用ロボットだ。

 日経デジラルヘルス(2016年8月26日)よれば、ソフトバンクグループのアスラテックとM-SOLUTIONSは、8月24~25日の2日間、東京都足立区の介護施設「わかばケアセンター」でロボット遠隔操作システム 「VRcon for Pepper」を使った介護サービスの検証を行った。

 「VRcon for Pepper」は、インターネットに接続した人型ロボットPepperの動きや会話をスマートフォン、タブレット端末、パソコンからリアルタイムに遠隔操作できるソフトウエアだ。

 たとえば、遠隔地にいる介護ヘルパーの声をPepperのスピーカーが出力する。介護ヘルパーがキーボード入力したメッセージをPepperの声が読み上げる。適確な状況把握や要介護者とのコミュニケーションが図れるので、遠隔地からでも要介護者の見守りができる。介護ヘルパーの業務負担を軽減できるなど、さまざまな利点がある。

 アスラテックは、今回の実証実験を体験した要介護者の声や介護ヘルパーの経験をシステムに反映しながら、介護施設への「VRcon for Pepper」の導入を本格化するという。Pepperは、高い知能と優しさを発揮し、人間の感性に寄り添いながら、賢く立ち働いてくれるだろう。

デンマークでも介助ロボットたちが大活躍

 さて、医療・介護サービスの先進国デンマークの介助ロボットたちもPepperに負けてはいない。