NEW

「電子タバコ」の安全性には専門家も賛否両論! いまだに明確な統一見解は存在しないが……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

148351589.jpg
吐き出されるのは水蒸気だが……(shutterstock.com)

 電子タバコの場合は煙ではなく蒸気(vapor)なのだから、それを嗜む方々も「愛煙家」ではなく「愛蒸家」とでも呼ぶべきなのだろうか――。

 彼らにその味覚や満足度を問うと、決まって「(副流)煙や灰が出ず、臭いも少ないから」云々と、なぜかメーカー受け売りの前説(利点)から饒舌に語り出す。次いで有害性や安全性を問えば、途端に黙り込んでしまうのも「愛蒸家あるある」の共通点だ。

 ところが医者に同じ問いを投げかけた場合も、患者への明確な答えはいまだ統一されていないという。そんな電子タバコの「グレーゾーン」ぶりを象徴するような研究報告が、8月26日の『American Journal Medicine』(オンライン版)に掲載された。

 論文を執筆したのは、米スタンフォード大学予防研究センター(カリフォルニア)内科准教授のJudith Prochaska氏らの研究グループだ。研究に際しては、電子タバコに関する医師と患者の500件以上のやりとり(オンラインディスカッション)が対象に選ばれ、その質問と回答傾向が分析された。

禁煙の補助手段だとしても……

 患者の質問内容で最も多かったのは、やはり電子タバコの「副作用および危険性」についてのもので、全体の約34%を占めた。次いで「全般的な安全性」を問うものが27%、電子タバコを「禁煙ツールとして使うのはどうか?」という関心事項も19%にのぼった。

 一方、医者が取り上げた患者との話題でも、その「副作用や安全性」に関する内容が多く、専門家の立場から「ニコチン依存症への懸念(可能性)」を示唆する医師の比率が高かったようだ。