NEW
村澤典知「時事奔流 経営とマーケティングのこれから」

「ありえなかった」リオ五輪リレー銀、卓越した組織戦略&ギリギリのリスクテイクが結実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リオ五輪男子400mリレーで銀メダルを獲得した日本代表チーム(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

数値で見る、男子400mリレーの銀メダルの奇跡


 リオ五輪男子400mリレー日本代表の銀メダル獲得の衝撃はとてつもなく大きい。日本だけでなく、世界中を震わせる結果となった。

 100m個人種目ではだれも決勝に進出できなかった日本。それに対して、ジャマイカや米国は全員が自己ベスト9秒台で、ファイナリストも2名ずついる。また、単純な4走者のベストタイムを比較すると、ジャマイカは38.89秒、米国は39.12秒に対して、日本代表は40.38秒と、1.5秒前後の開きがある。1秒で約10m進むこの種目で1.5秒のタイム差は15m以上の大差になってあらわれる。こういった数値を見れば見るほど、レース前には日本がジャマイカと競り、米国より速いタイムでゴールできるとは想像できなかっただろう。ちなみに米国はテイクオーバーゾーン以外でのバトンパスで失格になったが、そのままゴールしても日本代表のほうが勝っていた。

 日本代表のこの奇跡をどう見るか。アンダーハンドパスによる高速バトンパスといった技術的な話や、勝負強さやチームワークといったマインドで終えてしまうのはもったいない。この400mリレー銀メダルの奇跡の裏側には、日本企業がグローバル競争で勝ち抜くためのヒントがちりばめられている。

バトンパスと組織連携


 まずは、「バトンパスと組織連携」だ。日本チームは、アンダーハンドパスという下から手を伸ばしてバトンを渡すやり方を徹底して訓練している。これにより、バトンを受け取る次の走者が加速した状態でスタートができるため、静止した状態からスタートする通常の100mのタイムが遅くてもカバーすることができる。ポイントは、バトンを渡される相手の走りやすさを思いやり、少しでも加速した状態で走れるような状況をお膳立てすることにある。

 企業の場合でいうと、自分が取り組んだ成果物を渡す相手(上司や他部門のスタッフなど)のことを考え、やりやすい状態で業務に着手できるようにすることだ。

 トヨタ自動車では、ディーラーや生産ラインに限らず、社内においても「後工程はお客様」と捉えられ、自分の仕事を受けて仕事をするスタッフをお客様のように大切な存在と考え、ミス(品質不具合)や遅延(納期遅れ)のない仕事をすることを強く求められる。また、その過程で「ムダ」なものは継続的な改善活動によってそぎ落とされていくことになり、結果として日本代表のバトンパスのように磨かれた連携ができ上がっていく。