NEW
名和高司「日本型CSV確立を目指して」

ヤマト運輸、ユニクロ…崇高な志と質を持ち、社会課題に取り組む日本企業の「潜在力」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマトホールディングス及びヤマト運輸本社(「Wikipedia」より/Lombroso)

 ROEを超える新たな経営指標をいかに打ち立てるか。経済同友会でも、「資本効率の最適化委員会」が中心となって、今この課題に真剣に取り組んでいる。今回は、8月の同委員会で私がゲストスピーカーとなって提起した主な視点を、ご紹介しよう。

 まず、そもそも経営の主軸をどこにおくのか。企業経営の基本は、「(1)顧客の満たされない欲求(アンメット・ニーズ)を見つけ、(2)それに対して内外の資産を活用して効率よく応え続ける」ことにある。そのためにはまず、(1)の顧客の欲求をいかにとらえるかが、出発点となる。

 そこで、かつて心理学者マズローが提唱した欲求段階説を参考に考えてみたい。

 第1段階の「生理的欲求」や第2段階の「安全の欲求」は、いわば「生きるか死ぬか」といった物理的なレベルといえよう。新興国などでは、まだこの段階の基本的な欲求にいかに応えるかが社会課題になっている。もっとも、将来の水や食糧の不足、最近頻発するテロやナショナリズムの台頭を鑑みれば、地球レベルでの課題として再定義しなおす必要があるだろう。

 第3段階の「所属と愛の欲求」、第4段階の「承認の欲求」、第5段階の「自己実現の欲求」は、より高次元なレベルと位置付けられる。成長社会においては、このような「欲求」が経済活動の原動力となってきた。しかし、欲求をあおり、成長を貪欲に求め続けることの弊害は、ローマクラブが『成長の限界』というレポートの中で、早くから警鐘を鳴らしてきた。また欲求経済は、バブル崩壊やリーマンショックというかたちで破綻を繰り返している。

 マズローは晩年、第6段階として「自己超越の欲求」を新たに付け加えた。自己実現を究極とすること自体、極めて西洋的な自己中心主義だとの批判に答えたものだ。そこでは、人間は「社会的な生き物」であることに着目し、「つながり」や「絆」、「他者への配慮」や「社会貢献」といった価値観が尊ばれる。成熟社会においては、個としての顧客の欲望を超えた社会的な課題に、いかに応えるかが問われるのだ。そして、最近注目されているCSV(Creating Shared Value: 共通価値の創造)は、まさにこの社会課題の解決に注目した経営理念なのである。

 これこそ実は、近江商人の「三方良し」に通底する考え方でもある。「売り手良し・買い手良し・世間良し」の「世間」とは、ここでいう「社会」にほかならない。ただし、この言葉が生まれた300年後の今は、日本における同質的な村社会を超えて、より地球規模での共同社会(グローバル・コモンズ)に配慮する視座が求められる。