NEW

<ワーキングプア>化する歯医者! コンビニよりも多い歯科医院と低報酬で崩壊必至

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_dental0912.jpg
高額な医療機器が開業時から大きな負担に(shutterstock.com)

 こと歯医者の話になると、「歯医者はえげつない商売をしている」「歯を削っては抜き、抜いては詰め、たんまり稼いでいる」「拝金主義の権化だ。金儲けの亡者だ」そんな掃いて捨てるほどの悪態や痛罵や批判が歯医者の鼻先に浴びせかけられる。
 
 なぜ歯医者は世間から皮肉めいた視線を向けられ、世間からソッポを向かれるのか?なぜ世間と齟齬(そご)が生じるばかりで、噛み合ないのか?今、何が起きているのか?日本の歯科医療の実態を洗い出してみる。

ワーキングプア化する歯科医師の悲劇!

「歯科医自殺で妻を書類送検。『死ね!』と教唆(きょうさ)容疑」(共同通信社2014年12月18日)。
 記事によれば、警視庁滝野川署は歯科医師の夫に「死んで生命保険で借金を返せ!」などと繰り返し迫り、夫を自殺に追い込んだ歯科衛生士の妻を自殺教唆の容疑で書類送検した。

 妻は夫に「返済するアテのない多額の借金をした!死んで返せ!」と暴言を吐き、携帯電話の全画面に「死ね!」の文字を連ねたメールを送り付けた。その直後の12月、あまりにも熾烈な妻の誹謗・叱責に耐えかねて、夫は自宅で首吊り自殺を図った。