NEW

虫歯の最大の原因は「菌」ではなく「糖質」! 肉中心の「原住民食」があらゆる病気を予防する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

314124986.jpg
虫歯の原因は糖質(shutterstock.com)

 歯医者選びの基準を確実に変えてしまう話題の一冊、長尾周格(稲毛エルム歯科クリニック)・著『歯医者の99%は手抜きをする』(竹書房刊)。

 前回は、「ダメな歯医者の見抜き方」などについて話を伺った。本書はそれ以外でも、小児歯科、矯正歯科、インプラント治療、審美歯科などの問題点をバッサリと切りまくる。

 なかでも多くの歯医者が実は虫歯の本当の原因を知らないまま治療を続ける現状に触れ、「糖が虫歯の原因である」と明言し、虫歯予防には糖質制限が重要だと主張している点が新鮮だ。糖質制限の大きな流れが歯科領域にも波及しているようだ。

 「虫歯は歯が酸で溶けて失われる病気で、人間が糖を摂取し、誰の口の中にも住んでいる口内常在菌(う蝕原性細菌)が酸を作る環境を生み出すことで起こります。この菌は野生動物の口の中にも住んでいますが、彼らは虫歯になりません。であるならば、菌が問題なのではなくて、食べているもの、特に糖が虫歯の原因だと考えるべきでしょう」