NEW

首も体もボロボロで脳障害も…プロレスラー、ついに運営団体を提訴!

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 新日本プロレスのV字回復により、再燃中のプロレスブーム。しかし、いくらエンターテインメントとはいえ、巨体の男たちがぶつかりあえば脳障害などの身体的なリスクがつきまとうのは当然だ。


 実際、アメリカでは最近、引退した人気レスラーたちが世界最大のプロレス団体「WWE(ワールドレスリングエンターテインメント)」に対し、「レスラーの健康や安全を犠牲に企業利益を得た」と損害賠償などを求める訴訟を起こして話題となっている。

 ところが、この前代未聞の事態にも日本のプロレスメディアは沈黙を貫いたままで、問題の本質が報道されることはほとんどない。なぜ、今プロレスの「脳障害リスク」が大きな問題になっているのか。

一歩間違えば命を失う、プロレスの危険性


 今年7月、年に一度のWWE日本公演が両国国技館で開催された。WWE は世界最大のプロレス団体であると同時に、北米を中心に世界中をサーキットし、テレビ中継の視聴者数は6億世帯以上、インターネット動画サイトの加入者は130万人以上という巨大なビジネスを展開している、世界有数のコンテンツ企業でもある。

 国際的な人気を誇るプロレス界のスーパースターたちが来日しただけでなく、年頭に新日本プロレスから電撃移籍を果たしたトップレスラーの中邑真輔が凱旋を果たすとあって、会場は満員御礼。鍛え上げられた肉体を持つレスラーたちのド派手なパフォーマンスは、マスコミ席に並んだ記者たちも思わず大声援を送るほどの盛り上がりを見せた。

 そうした中で、このプロレス人気に冷水を浴びせるかたちとなったのが、引退した人気プロレスラーたちによる訴訟だ。「脳などの損傷を患ったのは、過酷な試合のせい」として、当時所属していたWWEに損害賠償などを求める訴訟をアメリカ・コネチカット州の連邦地裁に起こしたのである。

 この前代未聞の集団訴訟の原告には、アニマル・ウォリアーやポール・オーンドーフ、キングコング・バンディなど、日本でも人気のあった大物レスラーをはじめ、女子レスラーを含む総勢50人以上が名を連ねているという。

 しかし、なぜ元レスラーたちはWWEに損害賠償請求訴訟を起こしたのだろうか。「そもそも、プロレスの試合は肉体的なダメージを受けることが大前提になっているのです」と話すのは、ベテランのプロレス記者・A氏だ。

「総合格闘技と違い、プロレスは『相手の技を受ける』という要素があるので、どうしても体へのダメージが蓄積されてしまいます。だからこそ、プロレスラーはハードな練習によって肉体を鍛え上げるわけです」(A氏)