NEW

ライザップ、大量CM依存ビジネスを脱却…鈴木前セブン会長を追放した男を招聘の劇薬改革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 トレーニングジムの「RIZAP(ライザップ)」は、何かと話題に事欠かない。「結果にコミットする」のキャッチコピーと、ダイエットのビフォー・アフターを示したテレビCMで大ブレイクし、勢いを保っている。

 運営会社のRIZAPグループ(7月1日に健康コーポレーションから社名変更)は9月5日、一橋大学大学院特任教授の伊藤邦雄氏を経営諮問委員に招聘したと発表し、産業界を驚かせた。

 伊藤氏は、流通業界のカリスマ経営者と呼ばれたセブン&アイ・ホールディングス(HD)元会長兼最高経営責任者(CEO)の鈴木敏文氏を放逐した人物として名声が上がった。

 鈴木氏はセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏を解任する人事を、伊藤氏ら2人の社外取締役を含む指名・報酬委員会に諮った。同委員会で人事案は差し戻されたにもかかわらず、鈴木氏はその人事案を4月の取締役会の議案とした。ここでも伊藤氏の「無記名投票にゆだねよう」という動議の結果、否決された。仮に記名投票や挙手による採択をしていたら、結果はどうなっていたかわからないとの声が多い。

 直後に鈴木氏は電撃辞任を表明し、セブン&アイHDの新しい社長に井阪氏が就いたのは、周知の通りである。

 2015年は投資家主導の企業統治元年だった。東京証券取引所でコーポレートカバナンス・コード(企業統治指針)が導入され、独立性の高い社外取締役を2人以上選任するよう求められた。社外取締役は経営者の利害に左右されない自主独立が求められた。経営者の言いなりにならないことが条件だ。

 それまでセブン&アイHDの人事は、“超ワンマン”鈴木氏の鶴の一声で決まっていた。理不尽な人事が何度も強行されてきた。鈴木氏は、井阪氏を解任する人事も、すんなり進むと考えていただろう。だが、独立社外取締役の伊藤氏が、企業統治の手続きを無視した鈴木氏の独断専行に「待った」をかけた。鈴木氏には想定外の事態だったに違いない。独立社外取締役は、ワンマン経営者に「御意」と叫んでもろ手を挙げて賛成する存在ではなかったのである。

ROEが金科玉条の時代のスター

 伊藤氏は並の経済学者ではない。1975年一橋大学商学部卒業後、同大学商学部講師、助教授、教授と昇進を重ね、2000年に同大学大学院商学研究科長・商学部長、04年副学長・理事を歴任し、15年に定年退職した。同年大学院商学研究科特任教授、CFO教育研究センター長となった。

 現在、セブン&アイHD、東レ、住友化学、小林製薬、曙ブレーキ工業の社外取締役を兼任する。