NEW

<交際ビジネス>が現代人の孤独を解消!? ついに<歩きながら話すだけ>が登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

222382861.jpg
<歩きながら話すだけ>ビジネスが登場(shutterstock.com)

 先日、英国の新聞『ガーディアン』に、一人の男が紹介された。米ロサンゼルスに住むチャック・マッカーシー氏の展開するビジネスが注目されたのだ。

 マッカーシー氏のビジネスは、ただ、お客と一緒に歩きながら話しをすること。その距離に応じて、料金が加算される。メインユーザーは、働き盛りの20〜50代だ。

 レンタルフレンドやレンタル彼女といった「交際ビジネス」は、今や世界的に台頭しているが、マッカーシー氏の提供するサービスは、遊ぶでもなく、デートするでもなく、ただ歩きながら話すだけ。

 いたってシンプルで、交際ビジネスの原点といえる。それでもニーズが高まり、一人で始めたビジネスも、今では5人のスタッフで運営している。

 交際ビジネスというと、一般的には眉をひそめられがちだが、疾病予防の観点では、高齢者の訪問サービスと本質的には変わらないかもしれない。

 英国で大手のNPO財団『メンタルヘルス・ファンデーション』の報告によると、18〜34歳の若者は、55歳以上の中高年より孤独に苦しむ傾向があるという。そして、若者の方が孤独から孤立感が強まり、病気になりやすくなるそうだ。孤独が影響をする病気の多くは、長年の積み重ねだ。