NEW

口臭の原因となる歯周病は「乳酸菌」で防ぐ! 虫歯予防にも絶大な効果アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

61400108.jpg
歯周病は口臭の最大の原因(shutterstock.com)

 30歳以上の約8割が罹患しているといわれる「歯周病」。ポピュラーな病気とはいえ、口臭の原因となったり、ひどくなると歯が抜けたり、さらには全身に影響を及ぼすこともある。

 乳酸菌は、そんな歯周病を予防したり虫歯を防ぐ効果があることも認められている、オーラルケアにも強い味方だ。

口臭の最大原因である「歯周病」は怖い病気

 口臭には、いろいろな原因がある。ニンニクやニラなど臭いの強いものを食べたり、虫歯、消化器系の病気、糖尿病など全身の病気が原因となることもあるが、最も大きな原因となるのは歯周病だ。

 歯周病は、口内の細菌感染によって引き起こされる炎症性の疾患。厚生労働省の調べでは、20歳代の7割、30~50歳代の8割、60歳以上にいたっては9割が罹患しているとされている。

 このように多くの人が罹患している病気だが、実は決してあなどってはいけない。歯周病は、歯と歯肉の境目に細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりする。進行すると「歯周ポケット」とよばれる歯と歯肉の間に深い境目ができ、歯がグラグラ動くようになり、やがて歯が抜け落ちてしまう。