NEW

ネット社会がもたらした「医薬品の個人輸入」には危険な落とし穴がある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

34556500.jpg
改正薬事法でネットから医薬品が購入できるが……(shutterstock.com)

 改正薬事法(平成26年6月)が施行されたことによって、インターネットを介して個人レベルで医薬品を誰でも自由に購入することができるようになった。

 「時間をかけて病院に行き、診察を受けて処方薬を受け取る手間が省ける」「自宅で簡単に手に入る」「市中の薬局にはない薬がかなり安く買える」などの理由でネットを安易に利用して、個人輸入代行業者が運営する通信医薬品販売を通じて購入するケースが最近増加している。

 以前は、イギリス、香港、中国などに拠点を置く業者による英語での通信販売が主流であったが、日本語のウエブサイトも目立つようになり、我が国での「普及」が促進された大きな要因となっている。

 海外の業者は、日本国内での販売許可を受けておらず、日本の医薬品医療機器法を守らず、したがって販売薬の安全性が保障されていないばかりか、危険ドラッグや覚せい剤などの有害な成分が含まれている医薬品である可能性も否定できないのである。