NEW

移籍金130億円…サッカー選手、天文学的金額で「取引」の裏事情…巨額の富を生むクラブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンチェスター・ユナイテッドFCのポール・ポグバ選手(写真:アフロ)
 サッカー界は、ヨーロッパの主要リーグが開幕して1カ月以上がたった。昨シーズンは、イングランドのプレミアリーグでレスター・シティFCが奇跡の初優勝を果たして話題をさらったが、今シーズンはどんなドラマが繰り広げられるのか、注目が集まるところだ。


 さて、リーグ開幕前に行われたもうひとつの熱い戦いといえば、移籍市場での人気選手をめぐる熾烈な交渉合戦だろう。特に、「超」がつくほどのスタープレーヤーの移籍ともなれば巨額の移籍金が動くことで知られているが、その最たる例ともいうべき“ビッグ・ディール”が8月8日に成立した。

 フランス代表のミッドフィルダーのポール・ポグバ選手が、イタリア・セリエAのユヴェントスFCからプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍したのだが、その移籍金は推定1億1000万ユーロ(約130億円)というビッグマネーだったのだ。

 サッカー史上最高といわれるこの巨額移籍によって、あらためて浮き彫りになったのが、サッカー選手の移籍金の高さだ。なぜ、これほど高額なのか。そこには、1995年に下されたある判決が大きく関係している。

サッカー界を変えた「ボスマン判決」とは


 95年12月、欧州司法裁判所でヨーロッパサッカー連盟(UEFA)に対する2つの要求が認められた。

(1)クラブチームとの契約満了を迎えた選手の所有権を、クラブ側が主張すること、移籍金を要求することは共に認められない(契約満了時の移籍の自由化)

(2)ヨーロッパ連合(EU)域内における移動と就労を制限してはならないと定めたEUの労働規約は、プロサッカー選手にも適用される(EU域内における外国人枠の撤廃=EU加盟国の国籍保有者の国際移籍自由化)

 全面的な勝訴を勝ち取った原告の名は、ジャン=マルク・ボスマン氏。ベルギーの元サッカー選手だ。彼が裁判を起こした背景には、こんな事情がある。

 90年、ボスマン氏は所属していたベルギーリーグ2部のRFCリエージュとの2年契約満了に伴い、フランス2部リーグのUSLダンケルクに移籍しようとしていた。しかし、リエージュ側は難色を示し、契約を満了しているにもかかわらず、ボスマン氏の所有権を主張したのだ。それを不服としたボスマン氏がクラブ、さらにはUEFAを相手取って訴訟を起こし、大問題に発展する。

クラブが選手を無期限保有していた過去


 現代の常識に照らし合わせて考えるとクラブ側の対応には疑問を抱くが、昔はこれが当たり前だった。「ボスマン判決」以前は、ヨーロッパのクラブには選手の保有権を無期限に有する権利が与えられていたのだ。まるで前近代的な奴隷制度を思わせる理不尽なルールだが、これにはれっきとした理由がある。