NEW

<動画>意外に知られていない鍼灸マッサージ師が提案する「病鍼連携」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_hasegawa.jpg
長谷川尚哉とうめい厚木クリニック統合医療療法科鍼灸マッサージ師

 古くは大宝律令の時代から日本の朝廷に認められた医療的な制度である鍼灸あん摩。今では厚生労働大臣が免許する国家資格として我が国で10万人ほどが活躍している。

 地域包括ケアシステムの確立が叫ばれている昨今だが、未だ鍼灸マッサージの医療資源としての活躍はあまり進んでおらず、私たち鍼灸マッサージ師は医療の世界では国家資格を持ちながらアウトサイダーとして捉えられている。

 それは療養の対象になっておらず、療養費扱いになっていることも原因として上げられる。殆どの鍼灸マッサージ施術所は「自由診療」で地域の患者様の健康の保持増進につとめている。私たちは鍼灸施術所と医療機関の連携という切り口で「病診連携」をもじって「病鍼連携」と呼びつつ御高診願い、診療情報提供書を用いた連携を行ってきた。