NEW

常に「孤独」「ぼっち」を感じる人の14~27%に遺伝的影響! 恋人ができるかもDNAで決まる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

253086718.jpg
孤独の原因は遺伝か環境か?(shutterstock.com)

 今年の七夕の日に亡くなられた永六輔さん。彼が作詞した「上を向いて歩こう」は国民的流行歌のひとつだが、いまだに歌詞の一部を「♪一人ぼっちの夜」と覚えて歌う人があとを絶たない。あれは「♪一人ぽっちの夜」なので、以後ご注意を。

 もっとも近年は「クリぼっち(ひとりクリスマス)」に象徴される如く、「ぼっち」が隆盛しているが、英語の「loneliness」と「solitude」ほどの違いは曖昧にして見いだしがたい。

 ちなみに、ドイツの神学者パウル・ティリッヒは「言語は一人でいることの寂しさを表すために『loneliness』という言葉を作った。さらに言語は、一人でいることの喜びを表すために『solitude』という言葉を作った」と言っている。

 日本語でも「孤高」と「孤独」は大いに意味が異なるが、今回紹介するのは後者に関する最新の解析報告である。なんでも、生涯にわたって「孤独を感じやすい」という人の場合、少なくともその原因の一部は遺伝子に左右されている可能性があるらしいという話題だ。