NEW

大口病院で見えた看護師の「闇」! 目標10万人「特定看護師」との間に横たわるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 点滴治療中の入院患者2人が中毒死した大口病院(横浜市神奈川区)の事件では看護師が警察から事情聴取を受けているとされている。さらにはこの病院はもともと他の病院で問題を起こした病院関係者が移動してくる病院だとの陰口もある。

 看護師同士のいじめがあったとの内部告発もあったらしい。事実は捜査結果を待たなければないが、看護職の闇の部分を予感させる事件でもある。

 厚生労働省の『2014年衛生行政報告例(就業医療関係者)』によれば、2014年末現在の看護師は142万6932人(看護師108万6779人、准看護師34万153人)で過去最多。人口1000人当たり10.1人の看護師が働いている。