NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『校閲ガール』石原さとみ、「フェロモン」だけじゃない隠れた「女優力」

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石原さとみ
 秋ドラマの口火を切って10月5日に放送された『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の初回平均視聴率が12.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を叩き出し、前作(水曜22時放送)『家売るオンナ』の同12.4%を上回り、第2回も11.2%を記録するなど好スタートとなった。


 ストーリーを簡単に説明すると、石原さとみ演じるヒロイン・河野悦子は、ファッション誌の編集者を夢見て出版社に入社したものの、配属されたのは原稿の誤字脱字や不備などを指摘する校閲部だった。しかし、持ち前のスーパーポジティブな性格で、地味な校閲の仕事に挑みながら成長していく……というもの。

 好スタートを切った理由は、やはり石原の人気によるところが大きい。

CMと同じ「ただ美しい」石原さとみ


 石原が演じる悦子は、とにかくオシャレで、とにかく騒がしい。初回のオープニングシーンは中途採用試験の面接だったが、モデルのような服で現れ、早口で夢を語り、会社批判をまくしたてる始末。面接が終わると、フロントで後輩・森尾登代子(本田翼)を見つけて一方的にしゃべって去り、夜になっても行きつけのおでん屋で常連のオヤジたちを相手にしゃべり倒した。

 初出勤の日も、配属先を勘違いしてファッション誌の編集部へ行った挙げ句、校閲部でも指導係の先輩女性に「スーツが古い、ダサいを通り越してビンテージ感が漂っている」と暴言を吐く。その後も、文芸編集者に「人としてどうかしている。初対面の人間にお前呼ばわりすんなよ!」と罵声を浴びせ、森尾に「なりゆきで編集者になっちゃってるあんたなんかと覚悟も情熱も全然違うんだよ!」と叫んだ直後に寝落ち……。

『ディア・シスター』(フジテレビ系)しかり、『5→9~私に恋したお坊さん~』(同)しかり。キャピキャピ騒いで、キャンキャンとほえる。いかにも、石原らしい役といえる。

 つまり、制作サイドが石原のイメージを同じ型にはめ込んでいるのだが、視聴者にとっては「またいつもの感じか」という印象だろう。シーンごとに派手なファッションを見事に着こなすオーラは主演女優のそれだが、やや意地悪な見方をすれば、そのビジュアルはCMの出演時とさほど変わらない。

 初回を見た限りでは、柔軟剤「フレア フレグランス」や化粧品「プリマヴィスタ」などのCMで見る「ただ美しい石原さとみ」以上のものが引き出されていなかった。第2回では、自らのミスで周囲に迷惑をかけて意気消沈する姿が描かれたが、今後は「ただ美しい」「キャピキャピ・キャンキャン」という固定化されつつあるイメージからはみ出せるか。脚本・演出の手腕が問われそうだ。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg